<スポンサードリンク>





fx関連情報商材


最近、巷でよく見かける『情報商材』って知っていますか?

知らないという人が大半でしょう。

何故なら、最近になってブームになり殆どの人がどこかで商材を買付けて、そして自分のブログコーナーや証券情報の運営サイトで売り出した事で、知られ始めたからです。

そして、この商材ですが最近はfx(外国為替証拠金取引)でも取り上げられています。

中身としては、『負けを取り返せるfx』や『勝率1割を9割にするfxデイトレ』などです。

つまり、私のfxで稼いだ手法を『体験記』として販売するという物が、この情報商材と言う物なのです。

『fxなんて証券会社でやっているんだから売れないだろう?』と、大抵の人が考える盲点を突いたこの商材、実際には馬鹿売れしています。

何で、ここまで人気が沸騰したかと言いますと、やはり負けを味わっている人は『堅実に勝ちたい』のです。

なので、このようなサイトに検索する人もfxの証券が知られ始めて、証券の参加人数が増加すると比例して増えてきました。

最近では、fx取引メールマガジンの購読も取扱うサイトが増えてきて、これからますます加熱しそうな情報商材です。

最後に、まず本当に堅実に儲けようと思うなら、fxもいいですが個人のサイトで『ドロップシッピング』や『自分の得意分野の代理活動』を売りに出すのも、いいかと思いましたので一筆書き上げます。

日経225ミニの株取引の方法


通常の株式口座からは、日経225ミニの先物取引を行うことができません。

日経225ミニ先物取引を始めるためには、証券会社を選んで日経225ミニ専用の取引口座を開設する必要があります。

証券会社の口座維持手数料はほとんどの場合は無料です。

取引を検討している方でも、操作画面の確認をしたり、口座を持っている人にどのようなサービスが提供されるのかを見るために、とりあえず口座を開設してみるのもいいかもしれません。

日経225ミニ先物の口座を開設するには、サービスを提供している証券会社を選び、申込用紙などの資料請求を行います。

資料の請求は、インターネットを使って簡単にすませることができます。

日経225ミニの申込用紙が証券会社から送られてきたなら、まず総合取引口座を開設します。

本人の確認に必要な書類は、証券会社によってすこしずつ違います。

郵送による受付の他、FAXでの提出を認めている会社もあります。

総合口座の開設をした後、先物取引口座の開設を行います。

申し込みは総合口座の開設と同じように進め、審査が通ったならば先物取引口座が開設される、というのが、日経225ミニ取引開始までの一般的な流れとなります。

先物口座を開設するための手続きには若干手間と時間がかかりますが、大事な資金を預ける拠点ですので慎重に手続きを進めましょう。

日経225ミニで先物取引をする


日経225ミニの取引方法は、先物取引という取引になります。

先物取引は、将来のある時点をあらかじめ決め、現時点で事前に取り決めた価格で商品、株式、通貨などの現物を売買するという約束事から成り立っている取引です。

現在を3月として例をあげれば、2ヶ月後の5月になったら、日経平均株価14,000円で売買を行うという形で取り決めをして、現時点で売買取引を行うのです。

株式や通貨といったものではなく、日経225ミニにおいては「現物」として日経平均株価の指数を扱います。

日経225ミニで先物取引をする際は、日経平均株価という株としては実在しない数字を用います。

見方によっては、仮想の株取引とも言えます。ミニのつかない日経225では指数の1,000倍が、日経225ミニは指数の100倍が、それぞれ売買単位として使われています。

日経225ミニでは、3月、6月、9月、12月の第2金曜日を指定してあらかじめ約束を取り交わすことになっており、この4つの月は限月と呼ばれています。

ポジションを持ちっぱなしにしておくと、限月の第2日曜日の前日にSQ(特別清算指数)という値で清算されます。

その時点で、損が出ていようが益が出ていようが強制的に決済されてしまうのです。

強制決済されるまでポジションを持っていなければいけないわけではないので、いつでも決済取引をすることができます。

日経225ミニの先物取引は、このような約束事の中で行われています。

日経225ミニの魅力


日経225ミニはメリットが多く人気の高い取引です。

証拠金取引を行うことから、日経225ミニは少ない資金で始めることができ、個別に株の銘柄を選ぶ必要がありません。

日経平均が上がるか下がるかだけを考えて株取引ができます。

そのため、日経225ミニでは個別の株の研究に時間を取られることはなく、日経平均の株価チャートだけを研究することができます。

通常、株取引においては売りから取引を始めることはできないため、株価が下落に向かっている時には、株を買わないという防御的な行動しか取れません。

売りが可能な信用取引でも売れる銘柄は限られており、貸株料という売買手数料以外のお金がかかります。

その点、売りからも買いからも取引を始めることができる日経225ミニは、株価が大幅下落したときにも差益が狙えるという長所があります。

日経225ミニは少ない元手資金で取引ができますが、多めに資金を入れることでリスクを軽減することも可能です。

日経225ミニで株取引をする場合、多めの資金を入れておけば、日経平均が予想と逆の方向に動いても資金を吹っ飛ばす心配はありません。

自分が取るべきリスクを自分で調節できるのは、日経225ミニの大きな魅力と言えます。

会社毎の売買量はそう多くないことから、通常の株取引では求める価格での売買がなかなか成立しないといったことが起きます。

対して、日経225ミニは取引量が多く、売り買いが常に行われているため、希望通りの価格で取引が成立しやすいというのも魅力の一つです。

日経225ミニで株取引をする


日経225ミニは、日経平均株価を元にした指数先物取引を、通常の10分の1規模で行う商品を指します。

2006年7月から始まった取引で、個別の銘柄を選ぶ必要がないというシンプルな商品になっており、少ない資金で取引をすることができる特徴があります。

日経225ミニは、それ以前から取引が行われていた日経225先物取引の小規模版として登場した商品であるため、「ミニ」と呼ばれています。

日経225ミニは、日経平均株価指数を取引対象にした商品で、株価指数先物取引というカテゴリーに入ります。

取引対象になっている日経平均株価は、特定の企業の株価を指すものではなく、日本の株式市場全体の流れや動きを表すもので、ニュースなどで毎日のように報道されています。

東京証券取引所に上場している企業のうち主要225銘柄を対象として算出されるものが日経平均株価で、東証株価指数と並んで日本を代表する株価指数となっています。

日経225ミニの最小取引単位は、日経平均株価の100倍を基準にしています。

日経平均株価が14,000円の時に取引するなら、日経225ミニを1枚の取引価格は14,000円×100=140万円ということになります。

相場が動いたことで平均株価が10円高くなった場合、千円の利益が出ます。

低い価格で買ったものを高値で売るか、高い価格で売ったものを安値で買い戻すかすることで利益を出していきます。

日経225ミニを実際に取引するため必要な資金ですが、先ほどの例で140万円そのものが必要となるかというとそうではありません。

日経225ミニは証拠金取引で行いますから、50万円程度の証拠金があれば取引を始めることが可能なのです。

楽天の株


ネット通販首位を誇る楽天証券。

契約ショップ数は2005年11月の時点で45,000件に達し、日本最大のショップ数となっています。

インターネットショッピングモールやオークションを運営し、業界1位のYahoo!撃墜を目標としています。

1997年に三木谷浩史氏らによって株式会社エム・ディー・エムとして設立、1999年に商号を現在の楽天株式会社に変更しました。

2000年にジャスダック証券取引所に上場しました。

同年の12月にインフォシークを完全子会社化しています。

2004年にサッカーJリーグのヴィッセル神戸のメインスポンサーに、2005年からはプロ野球に参入したことで有名です。


楽天証券の提供している『マーケットスピード』(Windowsのみ)は、株式投資をする投資家にとって必要不可欠なツールです。

ネット証券最強といわれるマーケットスピードには、自動更新される『リアルタイム株価』、20種類以上の『分析チャート』、『リアルタイム・ランキング』や『速報ニュース』と内容はとても豊富で、株初心者も含め、すべての個人投資家の株式投資をサポートしてくれます。

賢い株の買い方


株の買い方について、まずはじめにやらなくてはいけないことは、証券会社を選ぶことです。

その時、手数料や、サービス内容、取り扱っている投資商品などを
必ず確認し、検討してから自分の投資の方法にあった証券会社を選ぶようにしましょう。

株式投資には方法がいくつかあり、通常の株式投資の他に、株式ミニ投資、デイトレードなどによって、証券会社の選び方が異なってくるのです。

株式ミニ投資を扱っていない証券会社もありますし、デイトレードのような一日何度も投資をする方法には通常の手数料だと損をしてしまうのです。

ですから自分のあった証券会社選びはとても重要なのです。

証券会社が決まったら、次は口座開設をしなければいけません。

開設した口座に取引の資金を振り込むのです。

株の買い注文をするためには、株の買い方の基本は業績の良い企業を選定することです。

銘柄選定において、成長性と安定性を基準に選定していく事が重要です。

証券会社の株価情報や新聞などを参考に買いたい株式銘柄を決めます。

証券会社に資金を入金していれば、いつでも株取引をすることが可能です。

オンライントレードの場合は、各証券会社のホームページにログインし、画面の指示に従って銘柄、株価、株数などを入力します(どの証券会社も操作方法は変わりません)

取引値はリアルタイムで変動するので、証券会社のページ上でチェックして下さい。

トヨタの株


トヨタ自動車株式会社といえば、ゼネラルモーターズグループに次ぎ、世界第二位の販売台数を誇る最大手級の自動車メーカーです。

また、日野自動車、ダイハツ工業の親会社であり、富士重工業の筆頭株主でもあります。

1949年(昭和24年)5月に東京証券取引所、名古屋証券取引所、大阪証券取引所第一部に上場しました。

1999年(平成11年)9月にニューヨーク証券取引所、ロンドン証券取引所に上場しました。

2006年10月に東京株式市場でトヨタ自動車が上場以来初めて7000円台に乗りました。

時価総額は約25兆円に達しています。

トヨタグループの生産・販売が北米を中心に伸びているようで、2006年上半期の世界生産は、前年同期比8.7%増加しているなど好調な業績が株価上昇の背景にあるようです。

株主優待制度はありませんが、配当金については業績や新規投資計画を勘案しながら、連結配当性向を30%とすることを目処としているようです。

そのため資本効率の改善をはかるために自社株買いも実施しています。

2006年12月には連日上場来高値更新となっていて、日本株に外国人投資家の買いが流入しています。

トヨタ自動車の業績は順調に推移し、優良企業と評価されています。

ミニ株への株式投資


『株式ミニ投資とは』通常の売買単位の10分の1で取引できる制度の事です。

通常の株式投資の場合、ある程度まとまった資金がなければはじめる事ができません。

資金が手元にない方や、株初心者の方は通常の株式投資には手が出しにくいはずです。

しかし、ミニ株投資は少ない資金で始められることや、分散投資ができてリスクが軽減されること、多い証券会社によっては、2000以上のミニ株銘柄を取り扱っていて、ほとんどの企業からミニ株を購入することができることなどのメリットがあります。

分散投資でリスクを軽減させることとは、株には『単元』というものがあり(売買の最低株数のこと)ほとんどの銘柄は100株単位から1000株単位です。

1株500円の株があったとします。

単元が1000株としたら、50万の資金が必要になります。

ミニ株投資なら10分の1の投資になりますから、100株で資金は5万円です。

50万を1つの銘柄で購入するよりも、銘柄を分けて投資する方が、リスクを分散、軽減させることができるのです。

ミニ株投資にもデメリットの部分があります。

『指値注文』ができないことです。

売買価格の指定ができないので、注文した翌日の初めについた株価で取引する事になります。

またインターネット上で『ミニ株』を取り扱っている証券会社は限られてしましますので、証券会社を選ぶ時に調べておく必要があります。

株の手数料


株式投資は証券会社を通して行うので『株式売買委託手数料』を必要とします。

株を購入する時は、株式売買委託手数料と消費税5%がかかります。

また株を購入したら、必ず売らなくてはいけないので、かかる手数料は往復分となっています。

『株式売買委託手数料』とは売買代金×手数料率(売買代金や証券会社によって異なります)のことを指します。

証券会社によって価格が違うのは、1999年に手数料の自由化をしたからです。

同じ証券会社でもインターネットの取引かどうかで手数料が違う場合があります。

『口座管理料』が必要になる証券会社もありますが、今ではほとんどの証券会社の口座管理料は無料となってます。

証券会社によって異なりますが、『手数料設定』というものがあり、大きく分けると一日いくらという定額のプラン、一回の約定に対しいくらというプランの二通りです。

デイトレードのような一日の売買回数が多いと手数料も比例してかかってくるので、定額プランが向いています。

手数料も証券会社を選ぶ、大切な選択要素ではありますが、それだけを基準に選ぶよりも、情報サービスやサポート面も考慮しなければいけません。

株のシミュレーション


株のシミュレーションというのは、バーチャルトレードの事です。

実際のお金を使うことなく、練習として株式投資を体験することができるのです。

各サイトによってルール、資金等はさまざまですが、忠実に再現された株価データで勉強の幅はさらに広がります。

バーチャルトレードを行うにあたってまずしなければならないのは、そのサイトに登録をする事です。

登録の種類は無料登録、有料登録の両方があります。

有料登録をされた方には無料登録の方とは別のサービスがあります。

登録制のサイトの中には、現実の物価データをもとに株式売買を行えるものもあります。

セミ・リアルタイムの時価情報で現実の株取引を疑似体験して頂けます。

上位に入賞すると豪華な賞品がプレゼントされるところも多いようです。

なかには株式投資をシミュレーションで学ぶソフト(有料)もあり、株式投資を始める為の基本をシナリオを通して勉強できるようになっています。

いざ株取引をしようと思っても、色々な勉強が必要な株式投資。

しかし勉強できる環境は意外に少ないようです。

株取引に使われている基本用語、手数料、売買方法、財務状況や物価チャート等の指標の見方などを学ぶだけでも大変なのです。

実際に株取引をしながら勉強できるバーチャルトレードは株式投資の基礎知識を身につけられる良い方法の一つなのです。

株太郎


株太郎とは2001年11月に設立された株式総合リンク集のことです。

株式投資に必要な情報が目的別に整理されていて、投資家にとって必要不可欠なサイトとなっています。

ザラ場株式速報、ADR、世界の株価指数、その他投資に役立つ株情報を網羅しています。

ザラ場株式速報/総合ニュース、主要株価指数、リアルタイム株価指数、世界の株価指数、その他株式投資に役立つ株情報が豊富に取り揃えています。

現在は項目ごとに整頓されたスタイルですが、管理人自身が『サイト設立当初はリンクの備忘録のようなサイト』というような、サッパリとしたサイトだったようです。

しかし、厳選された株式情報のリンクを掲載するというスタンスは、今でも変わっていません。

株太郎のサイト構成は、『すぐに必要な情報サイト』はトップへ、
『じっくりと調べるような情報は』別ページへというスタイルになっています。

また、情報の正確性を高める為、目的別の項目にも複数のサイトをリンクしています。

すぐに調べたい株式情報は手の届く範囲にあると、とても使いやすく便利です。

投資家の立場となったサイト作りで、投資情報を効率的に収集することができます。

株式のデイトレについて


デイトレードとは、一日に何度も取引を行い、細かく利益を得ていく株式の取引手法です。

一日のうちに売買を完了させる方法なので次の日に持ちこすことはありません。

デイトレードという言葉が有名になる前から、同義語の日計り商いというものがありましたが、売買手数料が高かったため株主の間ではあまり浸透していませんでした。

しかし、手数料が自由化されてからは売買手数料が値下げされ、デイトレードに注目が集まり始めたのです。

最近ではネット証券の普及に伴って、多くの個人投資家がデイトレードをしています。

デイトレードのメリットは以下の通りです。

・経済や金融等の知識をあまり必要としない為、株初心者でも入り やすい

・デイトレードの基本である『その日に買った株はその日に売る』 を守っていれば 海外の相場変動・悪いニュース…等に影響され るというリスクは回避できる

・長期の値動きよりも、数分後の値動きの方が予想し易い。

しかし、逆に大きなリスクを負う可能性も高くなります。

大きな利益を追うためには、値動きの激しい銘柄を選ばなくてはいけません。

株価が下がりはじめていても『これから上がるかもしれない』と思っていると大きな損失を負ってしまう事があります。

自分自身の心理をコントロールする冷静な判断が必要なようです。

短い時間の取引なので楽そうと思われがちですが、次に狙う銘柄の選別や、株価の動き、出来高などをチェックし、明日に備えるのです。

株式投資に費やす時間は思っている以上に多く、神経を使うようです。

株の配当金


株には配当金(インカムゲイン)という株主に儲けを還元するものがあります。

正確にいうと、株主が利益配当請求権に基づいて利益の分配を受け取れることです。

配当には種類があり、配当をしない【無配】、無配の企業が配当を出す【復配】、配当を減らす【減配】、配当を増やす【増配】の4つがあります。

配当金にも種類があり、一般的な【普通配当】、企業の業績が増益した期に配当される【特別配当】、会社の創立記念や上場時に増額する【記念配当】があります。

また、配当が年に1回のところもあれば中間配当といった、2回に分ける企業もあります。

株主が配当金を貰う為に必要なことは、権利確定日に株を所有していないといけないということです。

株の保有期間はまったく関係なく、極端なことを言ってしまえば、
権利確定日だけ株を所有していればいいのです。

しかし、権利確定日に株主になるには、最低でも権利確定日の4営業日前までに株を購入しなければいけません。

株主の名簿に載るまでに時間がかかるため、それ以降に株を購入しても権利落ち日になってしまい、配当金が得られなくなってしまいます。

また、配当の権利がなくなる翌日に株価が急激に下落してしまい、
配当金よりも下がってしまうと損をしてしまうことが多いようです。

権利を取った後は、株主総会決議の通知と一緒に通知書が送られてきます。

その通知を持って郵便局や銀行に持っていくと換金できます。

株の購入


オンライントレードなどの普及で、株式取引はぐっと身近なものになっています。

ビギナーが口座を開設し、いざ取り引き開始!という時に、まずはなにをしたらいいでしょうか?

当然、株の購入です。

株の種類は大きくわけると3つです。

資金を貯めるために売買する「一般株」、毎日変動する株価とにらみ合い、売買によって収益を得ます。

年に何度か訪れる、最安値と最高値に近づくタイミングを狙いましょう。

配当金を得るために購入する「資産株」、安定した大企業のものがおすすめです。

購入資金は一般株で得た収益を充てましょう。

100万円単位でないと配当金が得られませんので注意をして下さい。

「仕手株」とはとてもリスキーなものです。

知名度はあるけれど株価低迷が続いている銘柄などが、相場を荒らす「仕手」の介入で高騰したり下落したりします。

有名企業が事件を起こし、株価が下落した直後なども仕手の出番となるようです。

いろいろな手段を使って株価を操作し、自分に莫大な利益が出るように、仕手は市場に介入してきます。

ビギナーならば、まずは一般株を買うのがいいでしょう。

一般株の売買で資金を増やし、そのお金を資産株に費やします。

安定した配当金が得られるようになれば、黙っていてもお金は増えていくのです。

仕手株は、株式取引そのものを楽しめる人におすすめとなります。

お金をどぶに捨てるくらいの心意気でチャレンジしましょう。

米国の株


アメリカの相場は日本の相場を映す鏡だと言われています。

実際には日本でだけ株式取引をしているのに、ニューヨーク証券取引所やナスダックの動向をチェックしている人も少なくありません。

米国の株式市場の規模はとても大きく、世界の株式市場時価総額の約半分を占めているのが現状です。

米国の株式市場ではワールドワイドに事業を展開している優良企業が多く、世界中の投資家の注目の的です。

当然、日本人投資家も数多くいます。

インターネット証券の登場で、日本人投資家の米国株への視線は、ますます熱いものになっています。

インターネット証券を利用する場合なら、日本株も米国株も大差はありません。

口座を開設する際には「W−8WEN(アメリカ非住居者登録)」を行いますが、手続き自体は専用の用紙数枚に記入するだけのものです。

アメリカのインターネット証券に口座を開設することもできますが、こちらは英語力が必要になりますので注意が必要です。

米国株の売買方式は、ニューヨーク証券市場が東証と同じ「オークション方式」を、ナスダックは「マーケットメイク制」を採用しています。

銘柄ごとに存在するマーケットメイカーの提示条件に合えば売買できます。

米国の株式市場には日本のストップ高、ストップ安のような値幅制限がありません。

日本の市場よりもアグレッシブな株取引を楽しめるのです。

日本の株


日本を代表する証券取引所は、東京証券取引所です。

東証と略され、ニュースや新聞でもおなじみの企業であります。

先ほど“日本を代表する”と書いたが、日本の証券取引所は東証のみだと思っている人はいないでしょうか?

東証の他にも、大阪証券取引所、名古屋証券取引所などがあり、
特に東証、大阪、名古屋の3つを合わせて「三市場」と称されています。

日本の株式取引の中枢である東証。

1949年に東京株式取引所として誕生して以来、長らく法人であったが、2000年11月に株式会社となりました。

20006年7月には持株会社制への威光も発表しました。

ちなみに企業としての東証は、非上場です。

東証の株式市場には第一部、第二部、マザーズの3つから構成されています。

それぞれ上場の基準が異なり、最も新しい市場であるマザーズは一部二部と比べると基準がゆるく、新興企業、現在では赤字でも成長の見込める企業などが上場しています。

東証といえばジェイコム問題やライブドア・ショックが記憶に新しいでしょう。

どちらの事件も発端は別のところにありますが、東証の監視システムの不具合により被害が拡大したのも、またね事実です。

企業のみならず一般投資家にも甚大なる影響、被害を与えました。

日本で株式取引をするにあたって避けては通れない場所は、東証です。

東証上場株を基にした物価指数もあり、投資家や経済学者など、多くの人々が常に東証の動向を見守っています。

日経株


日本の株式市場における株価指数の一つが、日経平均株価です。

東証一部上場企業から225銘柄を選び、その株価の単純平均を日本経済新聞が算出、発表しているものです。

225の銘柄は毎年見直され、権利落ち(権利確定日を過ぎて配当などが得られない状態)を調整しつつ、連続性のある株価の動きをはじきだします。

株式取引を行っている人は、大抵この日経平均株価をチェックしています。

たったの225銘柄で〜、なんて思ってしまうかも知れませんが、ざっくりと現在の株価を知るのにはとても便利な指数です。

ですが、日経平均を過信してはいけません。

単純平均なので、発行枚数が少なく値段の高い銘柄があると、その銘柄に大きく左右されてしまいます。

権利落ちによる調整で現実的ではない数値がでることもあるので、覚えておきましょう。

一般的な株式取引でも重要な指針となる日経平均株価ですが、ダイレクトに反映されるのが日経平均先物取引と日経255オプションです。

先物取引とは、現在の日経平均で満期日に取り引きするものです。

単純に言えば、満期日までに上がると思えば買い、下がると思えば売れば利益が出ます。

オプションは日経平均を売買する権利のことで、この権利もまた売買できます。

先物やオプションは初心者には若干イメージしづらいと思います。

もし始めるならば、しっかりと株式取引の勉強をすることが大切です。

世界の株


現在、日本の投資家の目は世界に向いています。

それは、株式取引をするにあたって、日本よりも魅力的な国がたくさんあるからです。

アメリカ、中国、インド、タイなど様々な国で株式取引を始める日本人投資家たちが多数存在します。

日本の株式取引とは違うおもしろさが見え隠れしますが、ちょっと敷居が高い感じもします。

世界の株式市場へ乗り出すのに腰が引けるなら、投資信託はいかがでしょう。

最近では日本の株式はもちろん、世界の株式を扱ったものも豊富にあります。

経済の成長が緩やかになってしまった日本よりも、金利の高い国はたくさんあります。

経済的に成長している国の株式を、投資信託で買うのです。

登場以来注目を集め続けている世界株式ファンドなども良いでしょう。

専門家が投資先を判断し、しっかりとあなたの資産を運用してくれます。

面倒な情報収集はすべてファンドマネージャーにおまかせ。世界の株式に対する知識がなくても大丈夫です。

預貯金よりもリターンが見込め、個人で株式投資をするよりもリスクを抑えられるのが投資信託です。

ハイリスクなイメージのある世界株式ファンドも同様です。

投資する国や通貨などを集中させないバランスファンドはリスク分散にはもってこいです。

貴方も、投資信託で世界の株式が身近なものになります。

株之助物語


 預貯金の低金利が続いている今、株式投資は資産運用の有効な手段の一つとなっています。
売買手数料の低下に伴い、個人の投資家も増加。
特に一日に数十回の取り引きを繰り返すデイトレードに注目が集まり、書店には参考書籍がずらりと並んでいます。

 デイトレードを仕事としている「専業デイトレーダー」に、
本業は他にありながらデイトレードで資産を運用する「兼業デイトレーダー」。
果てはテレビやインターネットで脚光を浴びている「カリスマトレーダー」が登場。
株之助さんは、その元祖と言われています。

19歳から株を始めた株之助さん。一時は元手を失い、株式取引の世界から身を引いていました。

数年後、独学でデイトレードを始め、300万の元手をあれよあれよといううちに2億円まで増やすことに成功しました。

雑誌やテレビで取り上げられ、著書も出版し、一躍カリスマトレーダーになりました。

いまや株之助さんモデルのデイトレード向けパソコンも売られているほどの人気なんです。

ブログで日々の取り引きを公開している株之助さん。

自分の取り引きの参考にしたい、という人にはもちろん、デイトレードの世界を知らない人でも楽しく読める内容です。

それは取りも直さず、株之助さんがデイトレードを楽しんでいるからではないでしょうか。
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資