<スポンサードリンク>





中国本土の株の特徴


改革開放政策をとって、急速に市場経済化を進める中国本土。

その中で社会主義計画経済の最大の名残である国有企業をいかにして改革していくかが重要な課題として残っていました。

改革費用として国費をつぎ込むよりも、まずは優良な国有企業を株式改組してしまい株式市場において資金調達を行うことで、改革費用ルートを確保しようとしているのです。

こうしたことで中国本土での株式市場が誕生することになりました。

企業は資金の確保ができ、株式市場の投資家にとっては競争原理、市場経済というものに対する理解促進という意味で、非常に良い機会になっているようです。

本土に株式市場が創設されてからすでに10年以上たちましたが 国有企業改革のための市場という側面はあまり目立たない物になってきました。

中国の株にはA株とB株という物があります。

大きな違いは取引することができる人が違うのです。

A株では中国国内投資家向けの市場として成っています。

ぎゃくにB株では外貨での取引が行われているもので海外の投資家向けの市場でした。

今では中国の投資家への取引も解放されています。

A株とB株で基本的に違いはありませんが。株価やPERの指標ではA>Bの関係になっているようです。

これは市場規模や知名度などによってできる各市場における資金量の違いなどがその原因です。

特にB株は安いのでお得なのですが試験的な市場としての側面もありA株の影響を受けることは否めません。

中国株管理支援ツール


ほぼ全ての方に言えることだと思いますが株価を知るためには情報を提供しているサイトに行って、チャートなどを見て参考にしているのではないかと思います。

銘柄を選ぶときはいちいちコード番号を入力して、それらを表示させるというのはちょっと手間になるのではないでしょうか。

そこで何か便利なソフトなどで代用することはできないかと探してみると実は非常に便利な物が見つかりました。

それが中国株管理支援ツール「China Stock Manager」と言う物です。

このソフト自体はフリーウェアとして公開されている物です

このソフトを使うと上海B株、深センB株、ハンセン株、H株、GEM、その他メインボードの株価が取得できます。

さらに、ートフォリオ管理もできて、証券会社ごとの手数料も自動計算できます、一目で今現在の損益が分かります。

さらに株価のデータをCSVで書き出せるのでエクセルを使って資料作成などが可能です。

これは非常に便利な機能だと思いませんか?

また、様々なサイトからデータを収集するなどして情報を探しているので何度もサイトをぐるぐる回ると言った手間もこれで省くことができるでしょう。

中国株を知る


中国株には幾つかの種類があります。

同じ中国株幾つかの種類に分けられていて種類によって取引に制限が加えられています。

大きく分けるとA株、B株、H株、レッドチップ、そのほかの香港株の5種類に分かれます。

その中でも日本人に購入ができる中国株はと言うと、B株、H株、レッドチップ、そのほかの香港株の4種。

つまり、A株以外の中国株は全て購入できると言うことになります。

A株は中国国内の人間だけに解放された株で上海と深センで取引されている中国株の事です。

B株は取引されている場所は同じですが外国人にも中国人に購入可能になっています。

H株は香港市場で取引される株で、香港と外国の人は購入できるが中国本土の人間は購入できない物です。

レッドチップはH株とほぼ同じ物です。

そのほかの香港株はH株とレッドチップ以外の株で香港の人と外国人が購入できます。

中国株の情報はインターネットのサイトなどで得ることもできます。

しかし、有料メルマガなどで厳選された情報を得るという方法もあります。

有料メルマガは確かに月額で3千円以上はする物が多いですが、それに値するだけの一般にはなかなか流れないホットな情報を得ることもできるかもしれません。

また、日本での四季報のような物で中国株二季報などもあります。

日経225ミニの株取引リスク


日経225ミニの魅力には、少ない元手で株取引が可能なことがあげられます。

日経225ミニによって可能なのが、資金効率のいい投資の運用だといえるでしょう。

200万、300万の株取引を50万、60万円の資金を元手に行うことがレバレッジ効果というものです。

おおよそのレバレッジの倍数は、投入した資産の何倍の取引を行うかでが決まるものです。

資金の効率がいいレバレッジによる株取引方法ですが、ハイリスク・ハイリターンになりがちであるという危険性もあるのです。

レバレッジ効果を利用している分だけに、自分の思っていたのと逆方向に相場が動いた分の含み損のふくらみ方も急激になるという危険が日経225ミニはあるのです。

日経225ミニでは損が膨らみすぎて決済する勇気が持てなくなったり、買ってからも価格が下落を続け、そこで買い足したところ更に下落という状況に陥るというリスクも考えられます。

損した額が証拠金の額を越えてしまった場合日経226ミニでは、必要証拠金を補うための不足分を新たに資金投入しなければならないというきまりがあります。

このように追加証拠金をいれるような事態が起きた時というのはきちんと資産管理や損切りができていなかった時だといえます。

ですから自分の戦略をもう一度考えなおすべきだといえるでしょう。

リスクが高いといえるのは、預けた証拠金の範囲ぎりぎりで日経225ミニを続けることだといえます。

このような追加証拠金を求められることのないように、日経225ミニの取引は余裕をもって行うことがおすすめです。

思い切って株取引を休むことも大事なリスク管理です。

危険だと判断した場合は損切りをしてしばらく様子を見るようにしましょう。

ネット株取引の注意点


インターネット上でネット株の取引は実行されるため、便利な反面不便な部分もたくさんあるといえます。

株取引は人の言葉にまどわされずにできますが、株の売買の決断を相談相手がいない中でしなければならないという部分もあるのです。

ネット株取引をする上では、ネット上に氾濫する株取引情報に踊らされないよう十分な気をつけなければなりません。

株取引の大事な時にネットに繋がらなくても、ネット株は取引操作も全て自己責任ですから、株式市場はどんどん動いてしまいます。

思わぬ時にパソコンのエラーや株取引システムのダウンで操作ができなくなることもあり得るのです。

株売買の注文を間違えた時も、ネット株の取引ではすぐに処理がされてしまうために訂正や取り消しは困難です。

不自然な取引注文でもコンピューターは処理してしまうのです。

ですから桁を間違えるなどありえない間違い内容でも、その株取引が可能であるならば受理されるものなのです。

常に株価の動きをインターネットでは見守り続けることが可能です。

非常に便利であることは違いありませんが、自分のペースがつかめていないと、常に株価が気になって他のことが手につかなくなったり、衝動的にネット株の取引をしてしまったりと長期的にマイナスになりかねないことをしてしまいがちです。

冷静さや我慢することも、ネット株は手軽に取引ができるとはいえ重要なことです。

「売り買いは3日待て」というのが株取引の相場の格言には存在します。

株取引を一時的な心情や勢いでしないことが大切です。

じっくりと相場を眺めることができるのもネット株取引の利点なのです。

FXの債権と通貨の関係


債権と通貨の関係を見てみましょう。
基本的には、株と同じような法則がここにもあります。
この法則を使ってFXで成果をだすことは十分に可能でしょう。
これは株価の時と違って、「債権安=通貨高」という形になります。
その国の債権の価格が落ちるという事は、つまり少ない元手で高い金利が得られるという事ですから、その債権の金利が上がっているという事になるのです。
今の外国為替市場では、特に「金利の高いところにお金が集まる」という傾向が日に日に強くなってきていますので、この傾向がよく見られます。
単純に説明しますと。債権価格が下がる=金利が上がる=外国のお金が集まる=通貨高になるという流れがあると言うことです。
ただし、これはあくまで短期的に見た話であって、長期的に見ると逆になるケースがよくあります。
というのも。金利が高いという事は、長期的にはそれだけインフレ率も高い可能性がありますので競争力が落ちて、その分売られる可能性が高くなってくるんですね。
長期的に見ますと、逆に「債権安=通貨安」になる場合もありますので、期間を区切って考えていく方が安全と言えるでしょう。
この債権と通貨の関係や株価と通貨の関係をしっかり理解し着実にFXで利益を増やしていけると良いですね。

FXにおける株価と通貨の関係


株と通貨の最も有名な関係は「株高=通貨高」です。
FXをする上で重要な事なので覚えておきましょう。
なぜこれが起こるかと言いますと、例えば日本で株が上がり続けていますと、海外の機関投資家が利益を求めて、日本株を買いにやってきます。
基本的に日本株を買おうとしますと、日本の通貨(円)が必要になります。
そのためにドルやポンドを円に換える(他国の通貨を売り、円を買う)事になりますので、自然と円高になっていきます。
また、株が上昇しているという事は、産業全体が好調という事ですから自然と輸出が増え、その代金を換金するためにも「他国の通貨を売り、円を買い戻す」という動きが企業の中でも多くなります。こうした理由から、株高=通貨高 という法則が成り立つのです。かなり確率の高い方程式ではありますが、これが絶対という訳でもありません。
日本で以前に起こった、「株高と円安の同時進行」が少し話題になりましたが、これはゼロ金利の影響で起こったレアなケースの一つともいえます。
こうしたレアな事も起こる事がありますが、基本は「株高=通貨高」と覚えておいてOKでしょう。
また確実にFXで成果をあげていきたければ、同時に以前のゼロ金利の時のような動きもある程度は想定して動くようにする事もすこし意識するべきでしょう。

FXの時間帯による差


FXは24時間取引可能とは言え、それは世界中のどこかしらの市場が動いているかで取引量の多い時間帯と少ない時間帯で差があります。
一番多いのは、「ロンドン時間」と言われる、東京の夕方から深夜です。
この時間帯は、EU全域の銀行が取引をしており、東京、香港、シンガポールも途中まで残っています。
また、明け方にはニューヨークの銀行が途中から参加しますので、一番取引量の多い時間帯です。
また、EU・アメリカの経済指標の発表などもこのあたりの時間帯に発表されることもあり、一番動きが大きいのもこの時間帯となります。
逆に取引が少ないのが、東京の早朝でしょう。
この時間帯は、ニューヨーク勢は既に帰宅しており、東京も本格的に参加する直前です。
オーストラリアやNZのような、オセアニア系が取引の中心ですから、どうしても参加者が少なくなってしまいます。
取引が少ないという事は、値動きも少ない上、大口の仕手筋にやられる可能性の高い時間帯でもあります。
FXをする上で安定した取引をしたい方は、ぜひこの時間帯を避けるようにしたいものです。
この時間帯をあえて取引する方はそうはいないとは思いますが、基本的には日本時間でのアフターファイブからが一番市場が活発なのですからその時間の動きを見てFXをするうえでえのコツを少しずつ覚えていければいいでしょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

FXと株との違い


株とFXではかなり取引の特徴が変わります。
株に比べると変動が緩やかと言う事や取引時間に制限があるかないかなど、あげていけばさまざまでしょう。
まず、株式投資の場合は市場が開いている時間が決まっています。
つまり、リアルタイムで取引をするためには、会社を休むか休憩時間かにしか取引が出来ません。
対して、FXの場合は24時間オープンですから、例えば会社から帰った後でも、リアルタイムの取引が出来るのです。
市場の値動きや流動性という点で言えば、値動き(値段の動きの激しさ)は、株の方が遥かに上です。
一年に倍になる事もあれば、半分以下になる事も株ならであの楽しさと言えます。
FXにはそういった楽しみはまずないでしょう。
FXは穏やかです。
一年で倍になるという事も半分になるという事もまずないですが、レバレッジが株投資よりも遥かに効いていますので、小さな値動きでも大きな収益を取りに行く事が可能です。
また、流動性で言えば、株投資よりも遥かに大きいですから、ストップ安やストップ高で取引が出来ない、というような事はまずありません。
つまりFXでは値動きは激しくないために「5%」上がったら利益確定というような戦略ではまず確定できません。
小さな値動きがある毎に、利益確定をしておきましょう。
また手数料が安いですから、長期で保有するよりも、短期で少しずつ利益確定を繰り返すことで、安定した収益につなげていく事ができるでしょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

FXのスワップポイントの注意点


スワップポイントでも損失が生まれる可能性についてはすでに説明しました。
では具体的にほかに注意することなどはあるのでしょうか?
スワップポイントは、二つの通貨の金利の差を利用するものです。つまり金利そのものが変わってしまうと、スワップポイントの収入も変わってきます。
今の円は金利が低いですが、バブルの時期であれば、他の国より遥かに高い金利が付いていた時代もありました。
金利というのは、長い目で見ていると、かなり変わっていくものなのです。
つまり、今はドルと円でスワップポイント収入があるからと言って、これが永遠に続く訳ではありません。
そして、もうひとつ注意する点があります、価格変動リスクです。例えばドルを買って、毎日スワップポイントを受け取っていたとしましょう。
仮にスワップの収入が1日100円だったとすると、年間3万円を超える収入になりますよね。
しかし、これは単に通貨を持っていただけの場合です。
通貨のレートは毎日変わります。
例えばあなたが1ドルを100円で買って持っていたとすると、急な円高になって1ドルが90円になってしまったら、もし1万ドルを持っていたとすると、10万円の損が出てしまいます。
スワップにより3万円の収入があるけれども、価格変動で10万円の損が出るというような事態になってしまうのですね。
普通の人は10万の損失、と言うより円高になる前に対処すると思いますが…。
これらは確かにリスクではありますが、よく注意して今の金利や価格をちゃんと見ていれば、大損するような事はないでしょう。
つまり、スワップポイントを期待して放置しているのではなく、しっかりと為替や金利などを注意しておくことが大切なのです。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

FXのスワップポイントとは


スワップポイントとは、取引を行った際の二つの通貨の間の「金利の差」です。
例えば1ドルを100で、1万ドル分を買ったとしましょう。
その買いポジションを翌営業日まで持ち越した場合、買ったドルには、ドルを保有している訳ですから、その分の金利収入が入ります。
そして逆に、円については、1万ドル分相当の100万円を、証券会社から借りている(実際に100万円を入金している訳ではないですから、「借りている」という状態になります)ため、その分の金利を支払う必要があります。
その時々の通貨の金利にもよりますが、例えばドルが金利4%とすると、日本の金利は今の段階では、非常に低いですから、金利に差が出ます。
高い方のドルを持っていますから、ドルの金利と日本円の金利との差を、毎日受け取る事が出来る。
これがスワップポイントです。
簡単に言うと金利の高い方の通貨を持っている場合、その金利の差額を毎日受け取る事が出来るという仕組みです。
もちろんですが、逆の場合もあります。
例えば、ドルの売りポジションを持っている場合、金利の高い方のドルを売って(借りて)、金利の低い円を持っているので、金利の差額を毎日支払う事になります。
この差額ですが、金額としては金利の高いと言われている英国のポンドを持っている場合で、スワップポイントでの受け取りは、おおよそ1日あたり200円前後となります。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

FXにおけるリスク


FXが投資である以上、リスクが全く無いと言うような事はありえません。
具体的にどう言ったリスクがあるのでしょうか?
値段が動くからこそ、利益も出ますし損も出ます。
それ自体は悪い事ではありません。
FXの場合に気をつけないければならないのが、「レバレッジが効いている」という点です。
例えば5万円を預けて100万円分の取引が出来るようになった場合。
1ドル100円として、1万ドルを買ったとします。
そうすると、ドルが110円から109円になった(1円動いた)だけで、あなたの資産は1万円減る事になるんですね。
レバレッジをかける事で少ない元手で始められる反面、値動きの影響も大きくなってしまいます。
株の投資では1円動いたくらいでは、利益にも損にもなりませんがFXでは1円動くと、それだけで利益も出ますし、損になる事もあります。
株投資の感覚とはずいぶん違ってきますので、これは「小さな値動きをちゃんと見る」という癖をつけておきたいポイントです。
また流動性リスクが少ないとはいえゼロではないという認識はしておくべきです。
とくにこれはマイナーな通貨で取引している場合は注意が必要です。
テロや事故・事件の影響で大きく市場が変化してしまう事は十分に考えておきましょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

副業としてのFX


FXを副業としてとらえている人には大きなメリットになると思うのがやはり24時間取引です。
これは、会社で働きながら株投資などをした事のある方でしたら、どれほどありがたいか実感できるでしょう。もし夜の取引ができなければ、会社の上司に睨まれながら仕事中に為替のチェックをしてしまうことになるでしょう。
FXは24時間開いていますので、例えば夜10時に帰宅したとしても、そんな遅い時間でさえ、リアルタイムに好きな時間まで取引が可能です。
また、これは少し専門的なお話になりますが例えばベンチャー企業の株の売買などですと、流通している株の量が少ないですから、少しでも悪いニュースが出ると、売りが殺到して(しかも買い手がいないため)あなたが売り注文を出しても、決済されない事があります。
流動性リスクについては、FXの場合、世界中の投資家が参加者ですから、市場の規模も世界一ですのでほとんどありません。
どんなに状況が急に動いていようと、「注文を出しているのに通らない」という事は起こりません。
安全という意味で考えると、これも大切な理由の一つですね。
もちろん、これは通貨と株式の取引を比較しているので具体的な比較をしていいものではないかも知れませんが、十分にメリットとして認識していいものでしょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

日経225ミニの株取引の方法


通常の株式口座からは、日経225ミニの先物取引を行うことができません。
証券会社を選択して、日経225ミニの取引を行うのに必要な、日経225ミニ専用の口座を開設することで、取引を始めることができます。
口座維持手数料については、ほとんどの証券会社が無料にしています。
日経225ミニの取引を検討している方でも、証券会社が口座を持っている人に提供するさまざまなサービスを受けたり、操作画面の使い勝手を見てみたりするために、とりあえず口座を開設してみるのもいいかもしれません。
まず、日経225ミニの取引が可能な証券会社を選んで、取引に必要な口座の開設のための申込用紙などを送付してもらいます。
資料請求は、インターネットから簡単に申し込むことができます。送られてきた日経225ミニの申込用紙を使って、まず証券会社に総合取引口座を開設します。
本人の確認に必要な書類は、証券会社によってすこしずつ違います。
郵送による受付だけでなく、FAXが使える会社もあります。
総合口座の開設をした後、先物取引口座の開設を行います。
申し込みは総合口座の開設と同じように進め、審査が通ったならば先物取引口座が開設される、というのが、日経225ミニ取引開始までの一般的な流れとなります。
先物口座を開設するための手続きには若干手間と時間がかかりますが、大事な資金を預ける拠点ですので慎重に手続きを進めましょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

日経225ミニで先物取引をする


日経225ミニは、先物取引という取引方法を用いた取引になります。
先物取引は、将来のある時点をあらかじめ決め、現時点で事前に取り決めた価格で商品、株式、通貨などの現物を売買するという約束事から成り立っている取引です。
現在を3月として例をあげれば、2ヶ月後の5月になったら、日経平均株価14,000円で売買を行うという形で取り決めをして、現時点で売買取引を行うのです。
日経225ミニで扱うのは、株式や通貨といったものではなく、日経平均株価指数です。
日経225ミニで先物取引をする際は、日経平均株価という株としては実在しない数字を用います。
見方によっては、仮想の株取引とも言えます。
売買単位は指数の100倍で、ミニのつかない日経225での売買単位は指数の1,000倍です。
日経225ミニでの将来のあらかじめ決められている日は、3月、6月、9月、12月の第2金曜日で、この4つの月を限月と呼びます。
限月になってもポジションを持ちっぱなしにしておいた場合、第2日曜日の前日にSQ(特別清算指数)という値で清算されることになります。
このため、強制的にその時点での損益が確定してしまいます。
もちろん、最終日までポジションを保有し続ける必要はなく、その前であればいつでも決済の取引を行うことができます。
このような約束事の中で、先物取引としての日経225ミニは行われています。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

日経225ミニの魅力


日経225ミニはいろいろな魅力を持った商品です。
日経225ミニの取引は、証拠金取引なので少ない資金で始めることができ、株の銘柄選びが必要ありません。
日経平均が上がるか下がるかだけを考えて株取引ができます。
このように、日経平均株価のチャートの研究をすればよく、個別の株の研究に時間を取られることがないのが、日経225ミニの特徴といえます。
通常、株取引においては売りから取引を始めることはできないため、株価が下落に向かっている時には、株を買わないという防御的な行動しか取れません。
売りが可能な信用取引でも売れる銘柄は限られており、貸株料という売買手数料以外のお金がかかります。
一方、日経225ミニは売りからでも買いからも入ることができるため、株価が大幅に下落した場合でも差益を狙うことができます。
元手資金が少額でも取引ができる日経225ミニですが、多めに資金を入れることでリスクを減らした状態で運用することもできます。日経225ミニで株取引をする場合、多めの資金を入れておけば、日経平均が予想と逆の方向に動いても資金を吹っ飛ばす心配はありません。
発生するリスクをコントロールできるという意味でも、日経225ミニは魅力ある取引と言えるのです。
現物株は会社毎の売買の量はそう多くないので、自分が求める値段でなかなか売買ができないことがあります。
しかし、日経225ミニの場合は取引量が多く絶えず流動しているので希望通りの値段での株取引が比較的容易なのも魅力です。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

日経225ミニで株取引をする


日経225ミニは、日経平均株価を元にした指数先物取引を、通常の10分の1規模で行う商品を指します。
2006年7月から始まった取引で、個別の銘柄を選ぶ必要がないというシンプルな商品になっており、少ない資金で取引をすることができる特徴があります。
先行して取引されていた日経225先物取引の小規模版として登場した商品であるため、「日経225ミニ」という商品名で呼ばれています。
日経平均株価指数を取引対象にした商品である日経225ミニは、株価指数先物取引というカテゴリーに分類されます。
毎日のニュースや新聞で目にする日経平均株価という指数を取引対象にしていて、これは特定の企業の株価ではなく日本の株式市場全体の流れや動きを表す指標となっています。
日経平均株価は、東証株価指数と並ぶ有名な株価指数で、日本経済新聞社が東京証券取引所の主要225銘柄を平均することで算出しています。
日経225ミニは、最小取引単位として、日経平均株価の100倍を用います。
つまり、日経平均株価が14,000円であった場合、日経225ミニの最小取引単位(1枚)の値段は140万円となります。
株式相場の変動によって日経平均株価が10円上昇した場合、1,000円の利益が出ます。
低い価格で買ったものを高値で売るか、高い価格で売ったものを安値で買い戻すかすることで利益を出していきます。
実際に株取引する時の購入資金には140万円そのものが必要かというとそうではありません。
日経225ミニは証拠金取引で行いますから、50万円程度の証拠金があれば取引を始めることが可能なのです。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

FXデイトレ向きの通貨


FXデイトレでは、大きく相場が動く時にその一部分に乗って利益を取ります。
つまりFXのデイトレードで扱うべき通貨は、相場が安定しておらず大きく動く通貨といえます。
デイトレードに適している通貨は、ボラティリティという為替相場の値幅の動きが激しく、何度も大きく上げ下げする通貨です。
各通貨のボラティリティを比較するには、パーセンテージを使ってどの程度変わったかを算出します。
米ドル/円の2007年の動きは、107円〜214円の範囲でした。
緩やかに上がった後に急激に下がり、株などにも大きな影響を与えました。
ここでイギリス通貨であるポンドに目を転じてみると、変動した値幅は1ポンド251円円台〜219円台の32円です。
ポンドと米ドルを比べた場合、ポンドの方が円に対して大きく値幅を変えていたことになります。
デイトレードでは、値動きの大きなポンドの方が米ドルより取引をしやすいのです。
FXデイトレをしている人は値動きの大きい通貨であるポンド/円や、ポンド/ドルなどを売買している人が多いようです。
また、FXではスワップポイントという金利差で入るポイントが通貨ごとに定められています。
デイトレードで外貨を保有している時間は短いため、スワップポイントがつくことはほとんどないでしょう。
スワップポイントはデイトレードにおいては大した意味をなさず、むしろ値幅の大きさや、短期的に動きが追いやすいかどうかが選択の判断基準になります。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

外国為替を利用した投資


外国為替の変動を利用した投資の手段はタイプ別に幾つかあります。
二国間の通貨を売買して差益を狙う外貨預金証拠金取引は外為の為替レートの変動がなければ成立しないものですし、外貨を買って定期預金にする外貨預金もあります。
この他にも外貨債権、外貨MMFなど種類は様々です。
投資に海外通貨を用いる利点はいくつかあります。
商品によってメリットの引き出し方が異なります。
利点の一つに各国の政策金利の違い、つまり国家間の金利の差をあげることができます。
ゼロ金利という言葉がありますが、それほどまでに日本円の金利は低水準です。
外貨でお金を預けるとものすごい高金利のように感じますが、これは日本円の金利が低水準であるがゆえです。
低金利通貨の日本円と比較すると、外貨はほとんど全てが高金利です。
資産を外貨に替えて預金することで、外貨の金利に基づいた利息がつきます。
リスク回避の視点から見ると、外貨を保有することで、日本円の価値が暴落した時の対策になります。
国内のみにいると忘れがちですが、日本円は不変の価値を持ってはいません。
自然災害やテロなどで価値が下がる危険性があります。
テロや災害などの突発的な出来事がなくても、日本に比べ諸外国の経済が急激に伸びてくれば円安の可能性が出てきます。
このような場合、日本円のみの資産では結果的に目減りしするのです。
自己資産を守る上で、リスク分散という考え方は非常に重要です。資産を外貨に替えることで日本円のリスクから資産を守ることになるのです。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資