<スポンサードリンク>





ネット株の取引手数料の仕組み


株取引にあたって見過ごせないポイントとして、売買手数料の存在があります。
一回ごとの手数料の金額はそれほど高くなくても、何度も取引を繰り返すと軽視できない金額になります。
ネット株の取引手数料が高いと、当然ながら1回のネット株取引での利益は小さくなってしまうのです。
こまめにネット株の取引をする人の場合、ネット株の取引手数料があったために、勝てたはずの取引でマイナスになることもあります。
取引手数料がいくらに設定されているのか、どのような条件で増減するのか、これらをしっかり知っておかないと、取引で思わぬ結果を招きます。
手数料の仕組みは、その取引を扱う証券会社毎に決まっています。1日のうちなら何回ネット株の売買をしても手数料は変わらない、という仕組みの一日定額制の手数料体系を取る証券会社もあります。
この加算方式は、デイトレードをする日には集中的に売買をする人に向いています。
あまり頻繁にトレードをしない人や中長期で株を保有していたい人、毎日少しずつ取引をしたい人は約定単位制が向いています。
これは一度の取引ごとに委託手数料が発生するシステムです。
約定定額制の中には、売買金額に手数料率をかけて手数料を決める定率制と、約定金額が○円〜△円なら手数料は幾らと決まっている階段制があります。
自分のネット株取引スタイルに合わせて決めるといいでしょう。
他にも、一定金額までなら無料でネット株取引ができるサービスや、その日のうちに保有したネット株を決済するなら片道の手数料が無料になるところもあります。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

ネット証券会社ごとの株取引サービス


まずは証券会社を決め、ネット株を行うための口座を開いて資金を預けることが全ての始まりです。
ネット取引では口座開設費用や口座の維持費はかかりませんので、今開いているところより安く便利に利用できる口座を見つけたら、口座を増やして利用してみるといいでしょう。
証券会社のサービスは、口座を開設して実際に使ってみないとわからないものもあります。
一つの口座に操を立てる必要はありません。
積極的に新しい口座を開いて資産を分散させることは、一つの会社がシステムダウン時の対応や会社そのもののリスクを軽減する効果もあります。
口座を開いた人のための専用の情報や取引ツールを提供する証券会社もあります。
見やすい株価チャートなどを提供している証券会社、手数料や満足度の高いサービスを提供する証券会社を選びたいものです。
投資のための管理ツールや株価情報、初心者向けのガイドを充実させているところや、とにかく手数料が安いところなどがあります。口座開設に伴うサービスは各社熱心に競い合っており、手数料や情報以外のサービスを提供するところもあります。
サービスには、取引に伴ってポイントが貯まりネットショッピングや景品交換ができるもの、快適な取引に役立つ個人別の資産管理ページの提供などがあります。
投資や株運用のプロフェッショナルが現状を分析したアナリストレポートを出しているネット証券会社もあり様々なネット取引サービスが展開されています。
口座開設で使えるようになったサービスは積極的に活用し、自分に合うものを見つけましょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

ネットで株取引シミュレーション


参加費無料で、まるで本当にネット株取引をしているような体験ができるサービスがあります。
習うより慣れろといいますが、ネット株は自分の資産を使って行うもの、軽々しく試してみてうかつに損を出すわけにはいきません。知識で得た事柄だけでは欠けがないとはいいきれず、使ってみて初めて気づく疑問点もあります。
何を調べればいいかわからない、何を把握すればいいかもしわからないという人には、体験で初めて見えるものもあります。
シミュレーションを体験することで、そういう人もネット株の操作を体感できます。
一定額の仮想マネーを受け取り、それを元手に実際の株価を見ながら取引を体験してネット株を試すことができます。
入門者なら本番のつもりで運用するもよし、架空のお金だからは景気よく買って大もうけを狙うもよし。
損を出すつもりのトレードの練習もできます。
ネット株のシミュレーションは入門者でも参加費は無料、一定期間内での成績優秀者には豪華賞品が出るところもあります。
操作画面は、現実の取引とよく似たものを使う証券会社もあります。
実際に口座を開く前に、シミュレーションのネット株取引に参加し操作端末画面のどのようなものがを確認するという方法もあります。
バーチャルですからとりあえずやってみても損はありません。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

ネット証券のサービス


ネット株取引を扱う会社は、取引以外のサービスや情報提供などをそれぞれ独自に行っています。
ネット証券各社が最も力をいれているところは売買委託手数料ですが、それ以外の株取引サービスもネット株入門者向けにも様々なものがあります。
どんなサービスがあるのか、事前にチェックしておきましょう。
まずは株取引情報ですがネット株の証券会社がホームページ上で提供している情報サービスは株式、為替市場の市況情報だけではありません。
個別企業の業績情報、時事ニュース、アナリストのレポート、企業分析レポートなど様々などがあります。
ネット株をはじめたばかりの人向きのサポート情報もあります。
サービスは情報提供だけでなく、設定した時価にメールを送信するツールを出しているところもあります。
取引の履歴や現在の資産状況などがわかりやすく管理できる画面は、何をどこまで取引したのか瞬時にわかるため初心者には頼もしいサービスといえます。
また、取引ごとにポイントをため、別なサービスに使えるところもあります。
貯まったポイントは景品と交換できたり、インターネットショッピングに利用できたりなど会社によって様々な使い方があります。
実際に使ってみないと便利さがわからないサービスもありますので、無料ならばまず口座を開設してみるのもいいです。
最終的には一つではなく自分の使いやすい複数の証券会社に分散して取引を行うとネット株はリスクの分散にもなり一石二鳥です。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

ネット株のリスクについて考えた事は有りますか?


いいところばかりのようなネット株ですが、注意しなければならない点も多々あります。
電話も使わず、他人の手をわずらわさずに自分のペースでいつでも注文できるネット株は、大変便利な物です。
そのメリットが、ネット株ならではのリスクに直結します。
ネット株の入門者はしっかり認識した上で、できるだけリスクの少ないネット株の売買をしたいものです。
取引を仲介する人の手がなくても、画面上で売買の手配をできる点がネット株の強みです。
普段は便利この上ないシステムですが、証券会社のシステムダウンひとつで注文が受け付けられなくなります。
ちょっとした勘違いや操作のミス、他の用事に追われながら出した注文が間違えてしまっていたということも、ボタン一つの画面操作ではありがちです。
ぱっと見ただけでまずありえないような桁の間違いなどでも、コンピューターは規定されたエラーに該当しない限りは忠実に実行します。
ネット株は注文の取り消しや確認画面での訂正はできます。
しかし、いつものようにポン、ポンとボタンを押し続けていたら、気づけば間違いを見逃していたということもあります。
また、ネット株は画面だけで操作ができてしまうので入門者は特にお金を動かしている実感に乏しいものです。
デイトレードなどをしていると、ゲーム感覚にもなってしまいがちです。
ネット株で使うのはお金なのですから、忘れず気を引き締めて取引をしましょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

スワップ金利向きの取引業者とは?


スワップ収入を視野に入れて中長期の戦略を考えるならぱ、選定業者も考慮しなければなりません。
大前提として、資産を預けるに足る信用性の高いところを選びましょう。
長期間に渡ってスワップポイントを得るならなおさら、相手業者とは長いつきあいになります。
そのため運用成績のいい、将来にわたって潰れなさそうな取引業者を選びます。
見逃してはならないことは、資産の信託保全の有無です。
預託金を銀行に信託するシステムが信託保全で、資産を保全する意図があります。
預けたお金は、業者が倒産しても守られていることになります。
スワップ金利を業者毎に比較することも大事です。
なるべく高いところを選びましょう。
スワップポイントはFX業者ごとに異なります。
毎日少しずつ貯めて大きな益にするスワップですから、少しでも多いところを選びたいものです。
その時々で最も信用できるFX業者は微妙に入れ替わりがありますが、セントラル短資オンライントレードや外為どっとこむ、くりっく365(三貴商事)などは長期運用に向いています。
税制優遇のあるくりっく365は、他のFXにない強みがあり後々差益が大きくなった時に影響が大きいでしょう。
しかし、これはあくまでも個人的な意見であり、最終的には自己責任で決めて下さい。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

ネット株の利点


インターネットで株を取り引きするメリットは何でしょう。
ネット株を使えば、忙しい時に時間を作ってわざわざ証券会社の支店まで行く必要ありません。
営業時間に関係なく、自分の都合に合わせた時間に操作が可能なのです。
どんな場所からでもどんな時間でも、インターネット環境のあるパソコンや携帯電話があれば発注できます。
担当者に口頭で注文を伝える必要がないことも、大きな魅力です。初心者だからと気にせず、わからないことは調べながらマイペースで注文ができます。
一度出した注文を即座に取り消しても再注文も引け目はありませんし、少額投資でも気にすることはありません。
加えてネット株のよい点は、売買時の手数料の少なさです。
画面操作で注文をできるので会社側の人件費が削減でき、それが手数料の少なさに繋がります。
手数料は1回の注文ごとに発生しますので、一度の取引額が少ない人やこまめな売買を繰り返したい人にとっては重要です。
口座開設や口座維持費もほとんどのネット証券会社は無料です。
手数料は一回ごとの差がわずかでも、トレードを繰り返すうちに影響は大きくなりますので、投資成績にかなり影響します。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

ネット株とは


ハイリスクで、お金をたくさん持っているひとでなければできない投資。
それが昔から株につきまとうイメージだったのではないでしょうか。
とはいえ今では、株取引はネットでどこからでも簡単にできる資産運用方法です。
ネット株という言葉もでき、ミニ株などの登場によって入門者でも気軽に参加できるようになりました。
少し前まで、株の取引をする時は専門の証券会社の窓口まで行くか電話を介してしか注文できませんでした。
今ではネット株の出現によってパソコンの画面を通してずっと手軽に、ずっと安い手数料で取引ができます。
そして口座開設の申し込みや相場の情報収集なども、全てインターネット環境で行うことができます。
入門者用の情報も多く出回るようになりました。
個人投資家を名乗ってネット株をする人は特別な技術を持っているような印象はまだあります。
実際はそうでもなく、一般的な会社員や主婦など、株は初めて体験するという人でも取引は熱心に行われています。
ほんのちょっとの意欲と勇気があれば、株の取引はさほど難しくはなく始めることができます。
ネット株の入門者向けの情報や本もたくさん出るようになりました。
情報を少しずつ蓄えながら初めてみて、気づけば入門レベルだったつもりがネット株で思いがけないお金を手に入れているかもしれません。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

株を選ぶポイント


初めて株を買う時は、あまりにも種類が多くてどの株を買えばうまくいくかと悩んでしまいます。
資金投資をする以上、株価が上昇する見込みの高い株を選び抜いて買いたいものです。
規模が大きく収益が安定している会社か、これから大きくなりそうな会社の株は上昇が見込めます。
会社の出す資料だけでなく、ネットや新聞などで積極的に情報収集をしてよさそうなところを探しましょう。
利益が見込めそうな株かどうかは、会社の経営状態や売れそうな新製品を出しているかなどかポイントです。
どの株を決めたならあとは買うだけですが、どのタイミングで買うべきかはなかなか難しい問題です。
チャートなどをこまめに利用しましょう。
上手に得を出すには、売りの機会を逃さないことも重要です。
欲に期待していつまでも持っていると、株価が下がって気づけば損になってしまうことも。
見切りをつけ、次の株式に投資するという割り切りも必要になってきますよ。
株は企業ごとに単元株数というものが決まっていますから、定められた枚数以下での売買は出来ません。
初心者の場合、いきなり大量に買い込まずに最低限の取引を試してみてもいいでしょう。
最初から一極集中で全ての資産を投資をすると、株が下がった時に全ての資産が目減りしますし、買うタイミングも逃しがちです。
株の急騰・暴落の可能性は常につきまうと以上、運に頼る場合もあります。
けれど買ってから後悔しないよう、しっかり考えて銘柄を選びましょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

株の買い方


株とはいっても実際に購入するには、どのようにしたらよいのでしょうか。
株の買い方をご説明いたしましょう。
株は、私たちの身近な場所で購入できます。
コンビニの端末や銀行。
そしてインターネットでも購入することが可能になりました。
証券会社は分割されており、店舗とインターネットの両方で取り引きをする「総合証券」と、インターネットで株の取り引きをする「ネット証券」になります。
どちらでの場合でも、最初は証券会社で口座を開設しなくてはいけません。
口座を新規開設する前にどこの証券会社にするのか選んでおく必要もありますね。
そして、購入資金を証券会社の窓口で渡し株を購入するのです。
ネット証券のしくみは自分の専用口座に入金をします。
入金をすることによりネット証券の口座に振り込まれるということになります。
その先は、証券会社のホームページにアクセス、ログインをして、いつでもどこでも株の売買が出来るのです。
ネット証券での魅力である部分は、取り引き値がインターネットでリアルタイムでチェック出来るということです。
株売買の判断が素早くできます。
株の買い方は人それぞれの判断です。
買いたい銘柄・枚数は、自分で決めていかなければなりません。
いざ株を購入する際には、株のいろいろな情報を集めて十分な勉強をして知識を身につけてから買うことをお勧めします。
無理のない金額から始めてみて、株の買い方・売り方のノウハウを身につけながら始めましょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

ネット証券の選び方


入門者は、実際にネット株を扱っている証券会社を探すとき、普通店頭へ行って取引をするわけではありませんから、支店の数や立地条件などを気にしながら選ぶ必要はありません。
その代わり、自分が実際に使ってみてやりやすいだろうと思われる証券会社を選ぶためには、手数料やサービスの充実性などを、しっかり調べる必要があります。
ネット株を扱う各証券会社のホームページには、手数料や取り扱い商品、提供している情報サービス、セキュリティやサポートなどの情報が公開されています。
入門編として色々なサポートのある証券会社もあります。
その中には、証券会社それぞれのサービスがどんな風になっているか、比較している表しているサイトともあり、ネット株を始めたばかりの人たちが、まずそこで情報収集をするというには便利です。まずなによりもコスト、これがネット株を取り扱っている証券会社を比べてみる際のポイントです。これは入門編でも上級編でも変わりません。
売買手数料の安さと口座管理手数料がいくらかかるかは、会社によって大きく違います。
ジャスダック銘柄やミニ株を扱っているか、という取り扱い商品も確認しておく必要があります。
もうひとつ忘れてはならないことは、ネット株での売買注文はパソコン上の画面を通してのことことだという点です。操作性が自分に合っているか、入門者でもわかりやすいかどうかもポイントになります。
またインターネットの回線を通して売買されるネット株は、その安全性を確認するために、セキュリティやサーバダウンの怖れがないかなどについても忘れずに確認しておかなければなりません。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

株式が流通する株式市場


有価証券いわゆる株式や公社債などの発行が行われる場所が、発行市場です。
また流通市場もそうですが、それを総称して証券市場と呼びます。なお、流通市場においてその証券が売買されているところなのです。
株式市場というのは、すなわち株式が発行され、売買をされているところなのです。
証券取引所を指すこともあります。
株式は、株式市場で流通されるものとされないものがあります。
発行市場は、会社の経営に関わる資金の調達に大きく関係しているのです。
上場企業とは株式市場で流通している企業のことを指します。
また、株式市場で流通している株式は、一般投資家も買うことができます。
東京証券取引所や、ジャスダック、ヘラクレス、マザーズ、セントレックスなど日本において、さまざまな市場があります。
安定した企業として意味する重要な基準としての目安になるのは1部に上場しているかということです。
東京証券取引所は1部と2部に分かれています。
価格の変動が安定しない特徴なのが、マザーズ、セントレックス、ヘラクレスなどです。
上場基準が甘いので新しい会社でも上場することができるのも大きな特徴となります。
この他、世界にも株式市場はたくさんあり、株式が取り引きされています。
日本の株式だけでなく、海外の会社の株式を買う人も増えています。
それにはかなりの知識が必要ですね。
成長の著しい国に目をつけるのも手かもしれませんよ。
ちなみに、株式市場の営業時間は月曜日〜金曜日の9時〜15時ですよ。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

株価について


株式の価格は、株式取引を行うときに付けられるのですが、それがいわゆる株価で、この株価は変動し続けるものなので、買い時売り時を見誤らないようにしなければなりません。
株価とは需要供給のバランス具合で自由な決定がなされるのですが、だいていにおいて、その評価基準は売買が行われる証券取引所で扱われたものによることが多いようです。
株の売買において、株を売るときの価格が買ったときの価格を上回るようにすれば、その株主は利益を得るということになるのです。これが「キャピタルゲイン」と呼ばれる利益のことで、それともうひとつ配当によって出た利益がありますが、これは「インカムゲイン」と呼ばれています。
この利益とは逆に損失が出ることもあるわけですが、この株式の売買によって出る損失を「キャピタルロス」といいます。
先ほども述べましたように、株価は常に変動するもので、一日の最初に取引される株価を「始値」と呼び、一日の最後に取引された株価を「終値」と呼びます。
最も高い株価を「高値」といい、逆に最も低い株価を「安値」といいますが、この「始値」「終値」「高値」「安値」は、「四本値」と呼ばれています。
この四本値を見ると、その日一日の株価の変動をだいたい把握することができるのですが、株価とは変動はするものの、大幅な動きをするものではありません。
けれども中には一日の中で動くことのできる範囲で、暴落があることも考えられるので、この点も忘れないようにしなければなりません。
株価の動きを把握するためには、チャート(罫線表)の見方も勉強してください。
有名なのは、東証株価指数(TOPIX)、日経平均株価などですが、ニュース番組などでもよく耳にすると思います。
株はなかなか難しいと思われるでしょうが、このようなニュース番組にも耳を傾けてみて、株に挑戦してみてはいかがでしょうか。


初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

株の仕組み


株の買い方を学ぼうという前にまず知らなければならないのは、まず株そのものについての知識で、それから初めて株を買うことに進んでいきます。
「株式会社○○」とか「○○株式会社」など、会社の名前に付いているのはご存知ですよね。
株、正式には株式(かぶしき)のことで、株式会社における社員権のこと、いわゆる「持分」ということになります。
一般的に企業が事業の拡大を行うためには、当然それなりの資金が必要となりますが、そのようなときに発行されるのが株券で、それにより投資家から資金が調達されるというしくみになっています。たとえひとりが出す資金の額が少なくても、それが集まって多数になれば、必要な資金として充分になったりするのです。
株式の金額とは、その会社の株券を購入を希望する人が多ければ多いほど、上がるというしくみになっています。
多くの人が希望する株券は、すなわちその会社の先での成長が期待されているということを意味しています。
この出資をしている人を株主と呼び、株式会社によって生産された利益は、出資額の割合に応じて配分されるようになっています。
その会社が利益を上げている場合はいいのですが、その反対に赤字経営である場合は、その負担分は株主にも分配されることになるのです。
もし出資していた会社が倒産してしまったりすると、株式価格がなくなってしまった、という状況になることも考えられます。
このような株の仕組みを理解した上で、株を買おうと思った人は、株主になるという責任や知識をしっかり持って、どの株を買うかを検討していけばいいでしょう。
売るときを間違うと大きな損をするときもあるので、買った価格、売った価格から損をしないかよく考え、出資金は無理のない額にとどめておくほうが賢明でしょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資