<スポンサードリンク>





FXデイトレの適性


判断力や集中力がある人でなければ、デイトレードをうまくやることは難しいでしょう。
為替相場はその時々で様相が変わるので、常に決断が必要になるのがFXデイトレです。
また、強い精神力がなければ取引を続けることはとても難しいでしょう。
FXのデイトレードで上手に儲けを重ねていくためには、自己管理能力があり、思わぬトラブルや突発的な出来事にも柔軟に対応する適正が必要です。
FXの取引はネット端末があればパソコンでも携帯電話でも手軽に発注操作ができ、ゲーム感覚を抱いてしまうほどです。
操作が手軽だからと気軽な売買を続けていては、デイトレードはうまくいきません。
ゲーム感覚、ギャンブル感覚は危険です。
デイトレードでは、調子のいい時だけでなく思うようにいかない時にどうするかを会得できるか否かが重要です。
リスクをリスクと知りながらも投資を続けなければならない局面があるかもしれないものがデイトレードです。
その性格上、投機的な側面もあります。
チャンスを捉え、デイトレード中は判断を誤ることがないように心がけましょう。
自分自身の取引のスタイルを確立かせ、売買のタイミングや損切りの戦略などを固めていきたいものです。
デイトレードは一歩間違うと大損ですが、自己管理がしっかりしているうちは安心です。
ハイリスクな取引をした時ほど慎重に堅実な判断ができる適性を身につけましょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

FXデイトレードの特徴


デイトレードは1日で取引を終わらせるFX売買の形式ですが、中長期の取引はそれ以上の期間で取引をします。
FXでは、中長期のトレードと短期のデイトレードの売買の留意点が少し異なります。
1日のマーケットの中で瞬発的な売買をするデイトレードは、区切った時間で行うためどうしても値幅は小さくならざるをえません。FXデイトレードでは人によって差はありますが、0.3円〜1円程度で決済します。
数円単位の利幅を求める取引の形が中期〜長期のFXトレードです。一方、デイトレードならば1円以上の差益は難しいものです。
FXの為替相場は常にどこかのマーケットが開いています。
ニューヨーク市場やロンドン市場がオープンしてしばらくは相場の流れが変わりやすい時間です。
相場の動きが賑やかになるのは、ロンドン市場時間の夕方4時頃と、ニューヨーク市場時間の夜9時頃以降です。
値幅がよく動く時はFXデイトレードでの利益は得やすくなります。
FX相場の流れを読む時に強い味方になるチャート表があります。直近の相場を予想するために使うチャート表は、デイトレードでは30分単位や10分単位などのスパンの短いものです。
日単位のチャート表も参考にしますが、FXデイトレードの場合には大まかな流れを頭に入れておくだけのようです。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

FXデイトレードのコツ


こつをうまく押さえてデイトレードができれば、大きな差益を獲得できます。
大きな儲けを出した人が出現するなどして話題のデイトレードですが、実は全体の70%は負け組で、大きな利益を得ている人は10%そこそこです。
失敗する人は、FXで小さな差益を何度か重ねていながらも、それらの儲けが一気に吹っ飛んでしまうほどの大きな差損を出してしまいがちです。
相場は円高方向には急激に落ち、円安方向には小刻みに上がっていきます。
大損をしないためには、この急激に変わる時に引きずられないようにすることなのです。
自分なりのパターンを作り出して、それに沿ってデイトレードをすることが成功のポイントです。
ただ、パターンに固執すると最終的には負けやすくなります。臨機応変に使えるルールを幾つか持っておきましょう。
あらかじめ、いつもはこのパターンを使うけれど、景気の動きが失速してきたらこちらを使う、などという使い分けの準備をしましょう。
FXデイトレードとは、為替市場から少しずつお金をかすめ取っているようなもので、そのちょっとしたお金をかすめ取るタイミングは一瞬であることが多いです。
一瞬の決断によって利益も損も大きく変わりますので、デイトレードでは即断が必要です。
できるだけ勝ち逃げをすることがデイトレードのコツです。
深入りしすぎず、欲張りすぎないようにしましょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

FXデイトレードのリスク管理


FXデイトレードとは、一日のうち何回もFXの取引を行うことです。
日計りという名称でデイトレードを表現することもあります。
FXでは、デイトレードによって収入を得て生計を立てているデイトレーダーもいます。
デイトレードには、相場の大きなトレンドとは関係なく、瞬間的な為替の動きだけを追って利潤を追求できるという利点があります。ただし、デイトレードの一度の売買は常に少ない額しか抑えられません。
数日かけて大きな変動があってもデイトレードではその流れには乗れません。
FXはうまく運用することでリスクを減らしたり回避することとができますが、間違うと大きな損が出ます。
FXにはレバレッジというシステムがあり、業者に預けた資産よりも大きな金額の取引ができます。
元手に限りがあっても、一時的にレバレッジを上げて大きな差益を狙うことがFXでは可能です。
少ない証拠金で数倍の取引ができるのです。
高レバレッジは高リスクと一体なので、その点は注意しましょう。デイトレードの場合、レバレッジ100倍やそれ以上でのハイリスクな取引が行われますが、長い間保有するつもりならば5倍程度のレバレッジにしておくべきでしょう。
レバレッジを上げる時とは相場の動きに確信が持てた時や、大きなチャンスと感じた時でしょう。
デイトレードにFXが適している点は、常にリスクを調整しながら様々な取引ができるからといえるでしょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

外国為替相場の変動理由


外国為替は、外貨の交換比率、つまり為替レートの変動が毎日起こっています。
ある通貨に対する需要と供給が変化することによって、貨幣の価値が代わり相場に反映されます。
ある2カ国の通貨を比べた時、片方の貨幣をたくんの人が欲しがり、もう片方を欲しがる人が減ったならば、外国為替市場で求める人の多い方の通貨の価値は上がり、少ない方の貨幣の価値は下がります。
皆が手放したいと感じる通貨の価値は下がり、欲しがる通貨の価値が上がります。
多くの人が求める物の価値が上がって価格が上昇になることは通貨に限った話ではありません。
それとおなじことが通貨で起きているのです。
通貨がどのような理由で求められ、そして売られるのでしょうか。大きなものはファンダメンダルズによるものです。
これは国の経済成長率や労働生産性の伸び、卸売物価などのことで、その国の基本的な経済力を現します。
これらの数字が上向いている国、前回と比べて成長している国の貨幣は需要が高まります。
これに対して、大きな自動車会社などが行う輸出決済や、海外企業買収などで一時的に巨額な外貨の移動があった時は一時的に為替は変動します。
これは実需要因と呼ばれるもので、経済の動きによって発生した外貨の動きに相場が連動する場合です。
貨幣の交換比率は、大きな政変や戦争、国家間の外交などで国の安全性、経済成長性に影響が生じた時にも影響があります。
自然災害によって国の経済成長が鈍化すれば貨幣価値は下がりますし、戦争は景気を良くも悪くもしうるものです。
有事のドルという言葉がありますが、これは、世界のどこかで戦争や普段と変わった出来事が起きるとドルの価値が上がり、市場に影響が出ることを示しています。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

外国為替相場と外国為替市場について


金銭をやりとりする時、一方ともう一方が異なる通貨を用いる場合は外国為替が利用されます。
例えば、取引の際に小切手や手形などの有価証券を決済手段に使うなどの方法があります。
外国為替は「がいため」という略称で呼ばれますが、これは「がいこくかわせ」という読みを省略したものです。
外国為替とは、通貨と通貨を一定の割合を定めて交換する取引全般のことを示しています。
当初、通貨の交換は定められた一定の割合で交換され取引がなされていました。
しかしドルの大量流出により、1973年に固定相場制から変動相場制に以降し、以後その体制が続いています。
変動相場制になったことにより、現在のところ、通貨の交換比率は常に動いています。
外国為替の取引の舞台は外国為替市場ですが、株の東京証券取引所のような建物は存在しません。
電話、あるいはインターネットを介して行われているのが実際の外為取引で、外国為替市場とは概念的な存在なのです。
外国為替市場は場所の名前ではなく、もっと概念的なものなのです。
東京とニューヨークとロンドンの外国為替市場は世界三大市場と呼ばれるほど取引量がぬきんでて多く、世界経済への影響も大きめです。
外国為替は日本時間の6時半(冬季は7時)にニュージーランド市場から始まり、シドニーやシンガポール、ロンドンなど次々と開く市場を追いかけ、日本時間の翌日午前6時(冬季は7時)に終わります。
外国為替相場では、24時間どこかの市場が動いているわけです。外国為替の市場は眠らない市場と呼ばれている理由です。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

FXスワップ生活を目指して


FXのスワップ金利だけで生活費を十分まかなえる収入が欲しい。そんな日々を夢見ている人は決して少なくありません。
しかし実際、そんなことは可能なのでしょうか。
為替差益よりスワップポイントを重視する人たちをスワップ派といいます。
スワップ金利の積み重ねで計画的に利益を取ることが目的で、変動相場による差益は狙いません。
例えば、米ドルを2万ドル買います。
長期の相場変動に耐えうるよう、資産は大めに入れます。
2万米ドルを保有する場合、買いスワップを1日+125円と想定すると1日250円、月7,500円です。
ただし長期保有を想定する際に避けるべきことは、含み損が大きくなりすぎて発生するロスカットです。
しかし、逆にいえば1ドル=96円まで下がらない限り問題はありません。
安全率をどこまで見積もるか、ドルがどのくらいまで下落するかは諸説がありますが、ここ5年程度を目安にする方法が一般的です。増えたスワップ金利を資金に回し、余裕資金で少しずつ外貨を買いまして1日当たりのスワップを増やします。
最初のうちは月に10,000がやっとでも、いつか日に10,000円のスワップを得る事ができます。
FXを有効な武器として使うことが出来れば、そんな投資の形もありえるのです。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

初心者向きの外国通貨とは


FXでは色々な外国通貨を取引できます。
外貨別の特性を把握し、得意な外貨を生かした運用ができれば、FXで資産を増やしていくに当たって心強い味方になることは間違いありません。
その時もリスク分散のため、幾つかの貨幣を同時に持つことが大切です。
外貨をもう少し細かく見ると、市場参加者が頻繁に売買をする主要通貨や、主要通貨ほどではなくともそこそこ取引がされている準主要通貨などがあります。
主要通貨と、準主要通貨の違いは取引量にあります。
取引量の少ない外国通貨ほど、一方向に急激に動くことがあります。
米ドルは、現在の基軸通貨です。世界で最も取引量が多く、石油など世界の様々な取引はドル建てで行われています。
チャート表だけでなく情報や分析を知りたい時、米ドルならばFXのフォロー記事も多く、通信社の情報もたくさん入手できます。
英ユーロと米ドルを通貨ペアにしたユーロ/ドルは取引量の最も多い通貨ペアです。
ユーロ、ドル、日本円が主要3通貨となります。
ドルに次いで人気があり、トレンドがわかりやすい通貨です。
金利が高く経済が安定しているオーストラリアドルやニュージーランドドルは、スワップポイントの高さや今後の金利上昇が期待できることから人気があります。
準主要国通貨なので急激な値動きには要注意です。
両国とも利上げや利下げの話が注目されます。
金利の問題がスワップポイントに直結するためです。
英ポンドは、ハイリスクハイリターンの外国通貨として知られています。
初心者のFX投資では、慣れてきたら少しずつ手をつけるくらいでいいでしょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

初心者に欠かせないバーチャルトレード


ぶっつけ本番でFXを始めるよりも、何か別な形で仕組みやコツを覚えてから始めたいという考えを持つ人は少なくないと思います。
擬似的にFXを試してみたいという人には、インターネット上で無料で参加できる、バーチャルトレードというFX取引のデモ版があります。
実際のトレード画面と似た画面でバーチャル取引ができるところもありますので、FXの初心者入門にとしては業者選びにも役立ちます。
書物で覚えるよりは、架空のものでも実際に運用してみた方が理解しやすいものです。
レバレッジの決め方や取引量の加減なを試してみましょう。
『実践に勝る経験なし』という格言もあります。
聞いたことのない用語や表読みがあって戸惑うかもしれませんが、慣れると自然と使いこなすこともできます。
仮想の取引によって、最初の資産を幾らまで増やせるかを互いに競うイベントを開催していることもありますので、人の成績を見ながら自分の腕を磨くのも刺激になります。
また、相場は時に乱高下しますので、いざそうなった時の気構えを鍛える予行訓練にもなります。
FXの初心者入門はメンタル面も重要です。
バーチャルの取引を通じて、自分にあった投資方法やルールを確立しましょう。
本番さながらの訓練だけでなく、ゲームを楽しむ感覚で深く悩まず気楽に取引をしても楽しいです。
現実のトレードで取り返しのつかない失敗をしないよう、デモトレードのうちで失敗を経験しておけるのもメリットの一つになるでしょう。
バーチャルの取引を重ねて自分なりの手法を見つけておけば、初めてFXに挑戦する人でもきっとやり遂げることができます。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

FX初心者の心構え


為替の大変動で差損が大きく膨らむ様子は、初心者でなくても恐ろしいものです。
地震や津波、干ばつなどの自然災害も為替に影響を与えます。
急な自然災害による為替の変動は、どう頑張っても予想しきれるものではありません。
どれほど勉強を積んでも、タイムマシンでも使わない限りは未来のできごとを完全に予想することは不可能です。
何かしらのメンタルトレーニングを積んだ人なら別ですが、FXを初めたばかりで円の暴落に直面したらほとんどの人はパニック状態でしょう。
また、一度や二度の変動を経験しても、次の瞬間に未曾有の大変動が起きる可能性は常にあり、油断できません。
とっさの判断を誤り、後悔してもしきれない行動を取ってしまうかもしれません。
あらかじめ耐えうる含み損を想定してストップロスをうまく使うことで、想定外の値動きによる損失を未然に防止し、次のチャンスに生かせるようになります。
ストップロスは、含み損がある程度の大きさになった時にそれ以上の損が出ないよう出す決済注文です。
これを怠ったために、最終的にはFXをやめなければならないほど損を出した人は大勢います。
重要なことは、含み損も損と考えて回避策をあらかじめ整えておき、万一の対応を取っておくことです。
一番怖いのは、ストップロスを入れずにいたせいでFXで資産を無くし、立ち直る直す余地のないほどの大損をしてしまうことです。
チャンスをつかもうにも、元金がなければどうしようもありません。
一度の失敗が命取りにならないよう、状況の変動に対応できるスタンスを取ることが初心者FXにとって大事なことです。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

初心者のFX投資スタイル


FXによって、取引をはじめて最初の年で資産を何倍にもした人がいるという話があります。
初心者FXでも一ヶ月に40万儲けた、元手が10倍になったなど様々な話題がありますが、全ての人が同じ結果を得られているわけではありません。
為替を扱うのが初めてという人でも成功者は存在しますが、全員が成功するわけでもありません。
初心者がFXでやってはいけないことは、人の言うことを頭から鵜呑みにして全て試し、失敗した時に教材のせいにすることです。
資産の運用は、あくまで自分の判断に基づいて行うべきです。
そして参考にする情報源やアナリストの言葉は、これと見込める人を絞りましょう。
初めてならばリスクの少ない方法が安心できるかもしれません。
レバレッジは2倍〜4倍程度に抑え、為替差益ではなくスワップポイントを狙う方法がそれに当たります。
1万米ドルをレバレッジ2倍で購入するには60万程度の資産が必要で、こうしておけば日々150円程度の収入になります。
レバレッジを低く押さえておく限り、変動値が高くとも強制ロスカットにはなりません。
初心者のうちは自分なりのやり方や相場の危険度がわかってきたら、スワップ戦略で更に長期保有数を増やしてもいいでしょう。
あるいは、相場変動狙いで一時的にレバレッジを効かせたトレードをしてもいいと思います。
どこでリスクを犯し、どの程度までのリターンを狙うかという戦略を形にしていきましょう。
自分の財産を守るためには、どの程度まで含み損に耐えるか、どこで益を確定させるかしっかりスタイルを確立することが大事です。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

初心者のFX業者選び


取引業者を介してFXの注文を出す以上、最初にどの業者に口座を開き取引を行うか選ばなければなりません。
最低でも数十万、場合によっては数百万の資産を預ける相手ですので、情報を整理して納得のいくまで探します。
FXを取り扱う業者は、2005年に金融先物法改正までは金融庁の管理監督を受けてはいませんでした。
金融庁の管理下に入るまでは営業体質に問題のある業者が多々ありました。
今でも証拠金の無闇な増資や多額の取引などを強く勧めたり、といった業者もあります。
そう聞くと初めの人は身構えてしまうかもしれませんが、今では改善も進み大手業者なら安心です。
適切なところはたくさんありますので、丹念に情報収集をしてから選びましょう。
業者を選ぶ時は取引相手を一つに絞らず、複数の口座を開いて資金を分散させ、別個に取引を行うことがお勧めです。
システム障害などが発生した時に身動きが取れなくなることもなくなります。
最初に、その業者で取引をした場合に手数料はどのくらいなのかを確認しなければなりません。
一口にFXを扱う業者といっても長所は様々で、レバレッジの高いところ、スワップポイントの高いところなど個別に特長があります。
レバレッジの算出方法や損切り(損が一定以上発生した時に自動決済されるシステム)も個々に違います。
FXの初心者入門ならなおさら、よく理解して選ぶことが大事です。また、資産の保全に十分に気を配っているか、サポートがしっかりしているか、システムは安定しているかなどがチェックポイントになります。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

スワップ金利の高い国の問題点


高額のスワップポイントが欲しいなら、なるべく高い金利の通貨を買う必要があります。
片方の国の金利が変わると両国の金利差も変動しますので、必然的にスワップポイントも変動することになります。
私たちはほとんど日本円を売って外貨を買いますから、日本円の金利が上がればどの通貨のスワップ金利も減ることになります。
スワップポイントを利用して一定の年利を計算していても、突然の金利の引き上げなどで日本と他国間の金利差が変われば、そこで先々の計画が変わってしまいます。
スワップポイント目当ては長期保有が基本になりますが、ここで高金利通貨の問題点が浮き彫りになります。
金利の高い国には金利の高いなりの理由があります。
成長性の高さの他にも金利の高くなる理由があるのです。
高金利通貨の国はカントリーリスクが他の国より高かったり、インフレ率が高い場合があります。
相手国がインフレで円高相場になると、為替レートの変動による差損が膨らんでスワップポイント程度では吹き飛んでしまいます。
また、高金利通貨は取引額が少ない場合が多いので変動率が大きいことがあります。
FXでスワップを狙うなら、値動きが少ない安定した通貨でなければなりません。
FXで外貨を買いさえすればスワップ金利が入る、ということ自体は真実ですが、自己責任である以上、細かい点にも気を配りたいものです。
考えておくべき事は、このスワップポイントはどのくらいを目的に運用するのか、何年後に幾らまで増やしたいのかをしっかり把握すべきでしょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

スワップに向く外貨


FXで売買できる通貨は多岐に渡りますが、スワップ狙いに向く通貨は何でしょう。
FXの魅力のひとつに、取引可能な通貨ペアがたくさんあることが挙げられます。
米ドル、英ポンド、ユーロ、オーストラリアドル、ニュージーランドドルなどが広く取引されています。
香港ドルやシンガポールドル、カナダドルなども扱われています。スワップポイントを軸にFXトレードをしたい人は、金利が高くスワップポイントがたくさん入る通貨を選択します。
金利の高い通貨なのはす豪ドルやニュージーランドドルなどです。ただし、このような通貨は変動幅が大きいというリスクがあります。
全体の取引量が多くないためです。
その上、情報の入りにくい通貨は変動が事前に察知しにくいので、ある程度FXに慣れるまでは手を出さない方が安全かもしれません。
最初に買う通貨としては、米ドルが向いています。
市場が大きく取引量が多いので情報も入りやすいですし、相場の分析も活発に行われています。
金利も比較的高いので、スワップ金利もそこそこ入ります。
スワップ金利を狙いつつ、かつ安全に運用するには、金利がそこそこ高い米ドル、豪ドル、NZドル辺りがよいでしょう。
実際には、FXではスワップ金利を狙う時も複数の外貨を組み合わせて持っているべきです。
急な変動が起きても耐えられるよう、一国だけの外貨を持たずに複数の種類の外貨を保有しましょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

スワップ金利とは


少ない元手だけれど外貨の取引をしたい時、FXという方法があります。
証拠金という一定の額を担保に業者を介して取引をする方法です。利益を得る方法は国家間の金利差に基づくスワップポイントや、為替レートの変動などです。2国間の通貨をやり取りして取引をします。
取引の手数料が非常に安いこと、どの時間帯でも取引可能なことが特長です。
金利の差から発生するスワップポイントは、FXの魅力の一つとなっています。
円は金利がかなり低い通貨なので、円で外国通貨を買う場合はたいていはプラスのスワップポイントが発生します。
逆に、金利の低い通貨を買うとマイナスのスワップポイントが発生するので注意が必要です。
米ドルは日本円より金利の高い通貨なので、日本円で米ドルを買う時はプラスのスワップポイントが発生します。
スワップポイントは1日ごとに計算されるので、毎日少しずつの利益となります。
現在のスワップポイントは、1万ドルを1日持つと160円くらいです。
スワップポイントは、買った外貨をただ持っているだけで毎日加算され、お金が増えていきます。
為替変動による利益に比べれば微々たるものですが、為替変動のようなリスクはなく毎日着実に貯まります。
つまり、為替レートの変動が読めない人でも、スワップポイントだけを狙って年利15%程度の資金運用が可能になるのでする。
危険が少なく、見返りの多い運用を目指すこともできます。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

初心者はバーチャルFXを試してみよう


本格的にFX取引を始める前にお勧めなものがバーチャルトレードです。
いざFXについて調べると、耳慣れない単語が幾つか出てきます。
基本的な『レバレッジ』や『スワップ』などの単語は、FXを少し調べれば頻出する単語ですし、FX用語としてあちこちに意味が乗っています。
けれどスリッページ、ストップロス、ロスカット……説明がついていても、それって一体何? と、ピンとこない人も多いのではないでしょうか。
しかもこの用語、業者によって微妙に違ったりもします。
また、FXを始める時は初心者FX投資家ならずとも最初に通らなければならない関門、業者選択。
取引業者を選ぶには、証拠金がいくらか、ロスカットレベルはどう決まっているか、手数料がどこでどう発生するかを比較するのが一般的ですが、それすら用語の知識が必要です。
単語の壁でつまづき、先に進めず往生している人もいるかもしれません。
バーチャルFXは架空のお金を実際のトレードと同じように動かす疑似体験です。
初めての人がFXを知るには最適です。
用語も実地で覚えることができますし、習うより慣れろで感覚的な操作方法を覚えられます。
登録は無料ですし、期間内にうまく資産を増やせたら景品をもらえるところも。
いざFXをはじめてみようと思い立っても、ぶっつけ本番で自己資金を投資にかけることには躊躇する人もいるでしょう。
しかし、バーチャルで予行演習をしておくことは、起こりうるリスクを事前に体験し心構えを作る意味でも非常に重要でしょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

初心者の資産運用にFXを


近頃は、FXの取引を始めた人がたくさんいます。
FXは外貨の売買を利用した投資方法で、株の信用取引と同じように証拠金と呼ばれるお金を業者に委託して取引を行います。
自分たちの将来の生活はどうなるか、老後資金は足りるのかという不安を持っている人は相当数いることでしょう。
現在の貯金を有効に運用し、せめて定年退職後に生活に困らないよう、豊かな老後をおくるための資産を作りたい。
定期預金は年利が下がって運用手段にならないし、その運用方法では足りないことが予想できる。
初心者でもFXの特性を把握しリスクのコントロールができれば、理想的な投資スタイルを確率することができます。
一時的な利益を増やすだけでなく、長期的な投資にも向いています。
スワップポイントと呼ばれるシステムはFXの大きな魅力の一つで、2国間の通貨を取引した時に生じる金利の差が毎日少しずつ利益となります。
たとえ為替レートが変わり含み損が出ても、スワップポイントは毎日利益を生み続けます。
初心者FXの手始めに1万米ドルを買うと約150円。
10万米ドルを買うと、日々1500円もの利益が発生するのです。
FXの魅力の一つに、少ない証拠金で多額の決済ができることがありますから、初心者FXでも上手に使えばスワップポイントも看過できない数字になるでしょう。
いずれはまとまった資産を元手にうまく資金運用ができれば、危険の少ないスワップポイントで確実に利益をあげることできるでしょう。
初心者FXでも何もせずとも毎日1万円ずつ、という状態を作ることも可能です。
しかし、リスクが伴う事も肝に銘じておいて下さい。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

南アフリカランドFXの危険性


南アフリカランドFXは今大変人気がありますが、その取り引きに危険性はないのかどうか考えなくてはなりません。
高金利で、スワップ狙いが大変有効であるといわれる南アフリカランドですが、一定期間の中での価格の変動率にはとくに注意が必要です。
まずはこの点をチェックしましょう。
南アフリカランドはこのような「ボラティリティ」と呼ばれるリスクが高いのが気になるところです。
これを覚えておかなければなりません。
この南アフリカランドFXだけに資本を全部つぎ込むということは避けましょう。
魅力ある南アフリカランドですが、危険を回避することも考えなくてはならないでしょう。
当然のことながらどんな取り引きにも危険性は伴います。
例えばもし突然円高になったらどうするかというリスクも頭に入れておきましょう。
そのような危険を回避するのに一番良いのは南アフリカランドFXにこだわらずに分散投資をすることです。
ドルやユーロ、またこれから成長が期待される国の通貨も合わせて買うことが必要とされます。
実際に南アフリカランドでFXするには、まず証券会社で口座を開くことから始めます。
南アフリカランドを扱う証券会社は今大変多くあります。
その中でスワップポイントや手数料、その他のサービスなどを考慮して、証券会社を選ぶと良いでしょう。
そして、分からないことはそのままにしないで、どんどん質問しましょう。
魅力的な南アフリカランドFXにも危険性があることを忘れないでください。
とはいえ扱いやすいという点でこれからFXを始めようという人に南アフリカランドFXはおすすめです。
とりあえず、専門用語も覚えつつ、理解してから始めることをおすすめします。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

南アフリカランドFXについて


南アフリカランドFXの「FX」とは何のことか解説します。「FX」とは「外国為替証拠金取引」を意味します。また、「通貨証拠金取引」「外国為替保証金取引」ともいいます。F=Foreign X=EXchangeの略で「FX」などと呼ばれています。それを知るとおのずと南アフリカランドFXは金融商品であることが分かると思います。普通は一般の個人投資家にとってインターバンク市場で行われる取引の単位は大きすぎて、なかなか足を踏み入れることができないものでした。一般の個人投資家でも気軽に売買できるように、この取引単位を小さくしたのが南アフリカランドFXなのです。わずかな保証金で個人が取引出来るようになったというわけです。そんなところから南アフリカランドは世界の注目を浴びているのです。個人がネットや電話取引を使って外国通貨の取引をすることは認められていませんでしたが、1998年の為替法改正によって銀行間以外でも認めれるようになったのです。
それまでは銀行と企業・銀行と機関投資家の間のみ取引が認められている状況だったのです。
南アフリカランドFXで利益をあげることができるのかということになります。
取引のタイミングにもよりますが、南アフリカランドFXは高金利ということが最大の利点です。
金利の差が大きければ大きいほど儲かるということになるでしょう。
この取引で出てくるのが「スワップポイント」というものなのです。
南アフリカランドのように高金利の通過を買うと、スワップポイントというものが、もらいやすいのです。
この後スワップポイントについてはFXの取引では大変重要になってきます。
南アフリカランドFXの魅力は、お話しを聞いているだけでも伝わってきますね!
きっと実際にやってみると、おもしろいのかもしれませんね。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

南アフリカランドとは


今話題の南アフリカランドfxとはいったいどういうものなのでしょうか。
南アフリカランドとは南アフリカ共和国の通貨単位をあらわします。
あまり聞いたことがない人がほとんどだと思います。
日本に置き換えれば「円」のことと言えば簡単です。
南アフリカランドを「円」の価値に当てはめると、2001年は1南アフリカランドあたり約11円でした。
ところが2004年には約18円まで上昇しています。
2007年は約15円というとろですが、これから先かなりのアップが期待される通貨だといえます。
なぜなら2010年に南アフリカでFIFAワールドカップが開催されることが決定したからです。
南アフリカ国内での経済効果はかなりのものと予測されます。
なにせこの南アフリカはアフリカ大陸でワールドカップ初開催国となるからです。
また南アフリカ共和国は金やダイヤモンドの産出では世界有数です。
これは学校で勉強した記憶がありますね。
ですから、南アフリカランドは資源価格の影響を大きく受けることになります。
資源が恵まれた国である一方で、過去に「アパルトヘイト」=人種隔離政策があり、この制度が廃止されたのもそう遠くはない過去のことです。
1994年の民主化以降に、急速に成長した国です。めまぐるしい成長を遂げている南アフリカ共和国。世界にも注目されていて、南アフリカランドを扱う証券会社が増えてきているのです。
現在どんどん人気を集めているのがこの南アフリカランドという高金利通貨なのです。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資