<スポンサードリンク>





FXの利益について


FXの仕組みは、スワップポイントと為替差益で利益をえるというものです。
スワップポイントはこちらからなにか働きかけなくてもひとりでに利益が増えるので、この点は特にFXの初心者入門をした人にとっては大変嬉しい魅力の一つになっています。
これは為替取引をする際の2国間の通過の金利差によって発生する、金利差調整分です。
FXの仕組みによると、金利の低い通貨を売り、高い通貨を買うことで生じる金利差分がスワップポイントとして利益になって入ってくるのです。
このポイントは日々加算され、それによって利益もあがっていく仕組みです。
例を上げて簡単に計算してみると、現在1万ドルを買って毎日約100円の場合、買ったあと1ヶ月間そのままにしておくだけで、月に約3000円が利益として得られるということになります。
このような利益は、FXを始めた人であれば、おさえておかなければならない利益です。
得られる利益のもうひとつが、為替変動によって生まれる為替差益です。また例をあげてみると、1ドルを100円で買い110円で手放すことができたというとき、差額の20円が利益になって得られるわけです。
この場合、外貨預金はドルの「買い」しかできないので上記の形しか成立しませんが、FXは「売り」もできるので、1ドル120円の時にドルを売り、110円で手放して益を得ることもできます。
為替相場が日々動いている今の世の中でせっかく為替取引をするのであれば、日本の貨幣だけを所有することには思わぬ危険が隠れているということもできます。
FXの初心者入門としては資産を目減りさせないためにも、複数の外貨を保有することは非常に有効です。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

FX外国為替証拠金取引とは何か


最近ではFXと呼ばれる外国為替証拠金取引は、証拠金という一定額のお金を業者に預けることで、その業者を介して為替の売買を行うことです。
元々はForeign Exchange(外国為替)の略称でした。
業者に証拠金を入れ、それを元手に貨幣を売買することで為替差益やスワップ金利を得る投資方法です。
失敗の少ない初心者向きの投資方法を目指すならば、変動が読みにくい為替差益による利益より、少額でも毎日入るスワップ金利狙いの運用が合っています。
数万円という少額の証拠金で多額の貨幣を扱えること、インターネット上の操作で手軽に取引ができること、売買手数料が小さく取引のコストが小さいことなどから、FXの初心者入門したい人にも手軽にトライできます。
また、外貨預金などは銀行の開いている時間だけの取引ですが、FXは平日はほぼいつでも取引ができます。
国家の発行する貨幣を買うので、株と違って会社倒産によって資産価値が0になってしまうことはありませんし、銘柄選択の難しさとも無縁です。
為替の変動で含み損が大きくなる危険性はありますが、そんな時でも被害を最低限に抑える「ロスカット」ルールが存在します。
これは、初心者でも最低限知っておくべき部分です。
為替の投資というとデイトレードの印象が強いかもしれませんが、FXではそればかりではありません。
一定の外貨を保有しているだけで何もせずとも毎日少しずつ資産が増えるスワップ金利も魅力的です。
FXは外貨普通預金よりも手数料が安く、金利もずっと高いことが特徴的です。
外貨定期預金は金利は高めですが、預け入れ期間が決まっており、その時々の為替レートに合わせて売りと買いを決めることができません。
自己責任で資金を動かすことは任せ放し、預けっ放しの投資と比べるとFXの初心者入門に入ることは怖いものもあります。
けれどFXの初心者入門をおさえ、身の丈にあった分の投資で有益な利益を生み出すことができれば、資産形成において有用な武器になるでしょう。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ

外国為替FXのしくみ


「銀行間取引市場」のことを、一般的には「外国為替市場」と呼びます。
株の東京証券取引所にあたる実在の取引所があるわけではなく、電話とネットワークで構成されています。
「銀行間取引市場」で行われる取り引きの結果で決まる二国間の交換比率が為替レートとなります。
ここには国の内外の金融機関が参加して取引をしています。
この銀行間取引市場に参加して外国為替の売買をしますが、注文そのものは取引業者を介する形になります。
FXの初心者入門では投資総額の一部を証拠金として業者に入金し、実質の取引の差額は業者から借りる形で通貨を売買します。
このように、実際の資金より高い額の取引を行うことを、てこをいみするレバレッジと呼びます。
レバレッジの倍率は取引をする人が自分のさじ加減に合わせて決めることができます。
ここで高い為替差益や高スワップを狙うこともできますし、金利リスクを低く抑えることもできるのです。
年率3%の金利でもレバレッジを10倍にすることで、30%の外貨預金にすることができます。
高レバレッジをかけて取引をすると為替差益もスワップ金利も高くなりますが、その分リスクも増加します。
相場が急に動いた時は、資産の追加や取引額の減少などでレバレッジを一時的に小さくし、対応する工夫も必要になります。
大手の証券会社の倒産や年金の不安を考えると、自分の財産は自分で守り、そして自分で殖やす時代です。
老後資金の形成のためにも、資産を有効に活用するためにも、FXでの取引を覚えることは強い味方になってくれます。

初心者専用株式・FX・先物取引ホットラインのTOPへ
実録!中学生英語で始める!モンゴル株投資